痛みや凝りを改善するカイロプラクティック

カイロプラクティック

首の痛み

身体の不調を軽減するための有益な方法


「痛みや凝り、そして痺れに悩まれていますか?体調が整わないと感じている方へ、身体の不調を改善する方法をお伝えします。」
 width=1330

疾病を克服する方法


「整体、カイロプラクティック、鍼治療、マッサージ、リンパマッサージなど、多様性に富んだ治療アプローチをご紹介します。」
「現代の医療だけでなく、整体、カイロプラクティック、マッサージ、鍼治療、リンパマッサージなど、多種多様な治療法が世界各地で提供されています。それぞれには利点と欠点があり、個々の身体の状態や症状に応じて最適な選択をする必要があります。」

カイロプラクティックは、自然な治癒力を促進する治療法です


カイロプラクティックは、骨格だけでなく、筋肉や関節のバランスも整えます。全身のバランスが整うことで、体の可動域が広がり、パフォーマンス向上にもつながります。
カイロプラクティックの歴史
カイロプラクティックは、1895年9月18日にアメリカのアイオワ州ダベンポートでD.D.パーマーによって始められました。パーマーは、犬の背骨の歪みが聾唖(ろうあ)を引き起こす原因であるという独自の経験から、背骨の調整によって体の自然治癒力を活性化させ、様々な病気を治癒できるという理論を展開しました。この理論が後に「サブラクセーション理論」として知られるようになります。その後、カイロプラクティックはアメリカ国内で急速に発展し、1897年にはパーマーが最初のカイロプラクティック学校である「パーマー・スクール・オブ・カイロプラクティック」を設立しました。1910年には、カンザス州で世界初のカイロプラクティック法が制定され、カイロプラクティックの法的な地位が確立されました。日本においては、1916年に河口三郎がアメリカでのカイロプラクティックの学びを受け、帰国後に日本で最初のカイロプラクティック診療所を開設しました。その後、1961年には日本カイロプラクティック総連盟(JCA)が設立され、1974年には「カイロプラクター」としての国家資格が認められました。

 width=1330

カイロプラクティックの治療哲学とは!


カイロプラクティックは、「自然治癒力」を重視する治療理論です。具体的には、次の3つの基本的な考え方に基づいています。第一に、人間は本来、病気を治癒し、健康を維持するための生命力を持っているという考えです。カイロプラクティックでは、この生命力を「イネイト」と呼びます。第二に、このイネイトは脳と脊髄から全身に伸びる神経系を通じて働きます。背骨の歪み(サブラクセーション)が神経系の働きを妨げ、イネイトの力を弱めると考えられています。そして第三に、カイロプラクティックの治療者は、サブラクセーションを調整することで神経系の働きを回復させ、イネイトの力を最大限に引き出すことを目指します。この治療法は、薬や手術に頼らずに、自然の方法で健康を回復・促進することを目的としています。

カイロプラクティックの治療原理


身体の構造的な不均衡が健康問題の原因となるという考えに基づくのがカイロプラクティックの治療原理です。

カイロプラクティックの治療アプローチ


AK (アプライドキネシオロジー): 筋肉の緊張状態を検査し、その状態に合わせた調整を行います。MET (マッスルエナジーテクニック): 筋肉のエネルギーを利用して、背骨を調整します。

カイロプラクティックで行う検査とテスト


痛覚評価(Palpation):特定の部位や筋肉の触診を行い、痛みや圧痛を確認します。X線やMRIなどの画像診断(Imaging studies):必要に応じて、骨格や関節の具体的な状態を確認するために画像診断を行うことがあります。身体的評価(Physical examination):姿勢、筋肉の状態、関節の可動域、痛みや違和感の評価など、身体全体の状態を観察します。

カイロプラクティックで使用する器具


トラクション装置(Traction Devices):脊椎のストレッチや緩和を目的として使われます。特に椎間板ヘルニアや神経根症などの問題がある場合に、圧力を和らげる効果が期待されます。アイス/ヒートパック(Ice/Heat Packs):炎症を抑えるためにアイスパックが使われたり、筋肉の緊張を和らげるためにヒートパックが使われたりします。

カイロプラクティックの治療効果


疼痛の軽減: 特に脊椎や関節の痛みに対して、症状の軽減が期待されます。姿勢の改善: 不良な姿勢による問題を改善し、正しい姿勢を保つサポートを提供します。

 width=1330

頭の痛み


頭痛の症状。脳の周囲の筋肉の硬直感、頭部のピリピリとした痛みや鋭い痛み、締め付けられるような痛み、光や音に敏感になる、冷たいような痛み、脳の周囲の筋肉の硬直感。

 width=1330

腰痛・ぎっくり腰


腰痛の症状の出方。*鈍痛、朝起きたときや長時間の静止後に痛みが増す、*冷たいような痛み、朝起きた時に痛い、腰を曲げる際に痛みが生じる、動作によって悪化する(例:前かがみ、後ろに反る、立ち上がる、歩く、座る、寝返りなど)。

 width=1330

肩コリ


肩凝りの症状の出方。吐き気、不眠、首の後ろや肩に痛みが局所的に現れる、寒いと悪化する、息苦しさ、頭痛、肩の筋肉が硬くなって触ると痛い、動作によって悪化する(例:腕を上げる、後ろに回す、重い物を持つなど)。

X脚矯正

カイロプラクティック