鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市南区、整体

骨盤矯正と整体

骨盤矯正

最近では骨盤矯正というものを週刊誌やテレビやネットで見ることが多くなりました。

「骨盤矯正」は、どんなものなのか知る人達は多くない。

骨盤矯正はどんなものなのか説明してみます。

骨盤矯正のことを理解して間違いの無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその中間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨の先につながる尾骨からなります。

外科などの病院の治療ではふつう「骨盤」の調整はしません。

なぜでしょうか?病院では「骨盤」は歪まないと考えていて骨盤がふんだんの生活で歪み、それが体の異常の原因になってしまうことはないと思っているからです。

(だがある一部の整形外科では「骨盤」の調整を独自の方法でやっている病院も少しですがあります)。

例外として、高い所から落下したり交通事故にあったりした場合のように強い力が骨盤にくわわり骨盤の関節が大きくズレたとき(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいな状態)、元どおりの状態に戻すように骨盤を修正する場合があります。

この場合、外科手術で骨盤の矯正をされることが多い。

また産婦人科では、出産後に「骨盤」の関節の緩みを改善するように骨盤を閉めつけて固定するベルトのような装具を奨める病院が増えてます。

骨盤はズレるのか?

一般の医療では骨盤はズレないと言われ、整体などの民間療法では骨盤は歪むと言われ、いったいどっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそんな違いがでるのかを解説していきます。

まずは、「整体」で言う骨盤が歪むと言うのは、整形外科などでいう「骨盤」の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲンなどの画像診断で分かるようなひどい歪みは扱いません。

一般の医療では?

婦人科などの医療ではレントゲン写真などの画像で分からないくらいのズレは痛みなど身体の不調の原因になることは無いと考えています。

これ以外にも骨盤の動きは微妙で例外的なのは出産時に動くくらい。

中年以降は腸骨と仙骨はほぼくっついてしまう為、骨盤は通常可動域は無いと思われているみたいです。

整体の骨盤矯正

整体で行う骨盤矯正は、常日頃から骨盤のほんの少しの歪みを調整した後に患部の症状が改善されるのをよく目にします。

現実に骨盤の骨盤の周辺には筋肉、靱帯、神経が存在しすこしの歪みでも靱帯、神経、筋肉を刺激してしまいます。

レントゲンやMRIなどの写真でひずみが見られなくても骨盤が歪んでいて、それを矯正する必要があると「整体」で考えるのはこのためです。

様々な痛みは骨盤の歪みが原因?

ズレた「骨盤」は、さまざまな異常を身体に出現させます。

骨盤がズレると骨盤に乗る脊椎が湾曲します。

脊椎が湾曲すると背骨の中を通っている神経や血管、身体を保筋肉や靱帯、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管に負担がかかります。

これらは、全て体にとってとても重要なもので、どれが障害されても筋肉や内臓に障害が起こるようになります。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫

背骨がズレると背骨から出ている神経の伝達が障害されます。

内臓諸器官の障害や運動器官の障害など肉体のあらゆる部分が神経の命令で操られているのでこれら全ての肉体の異常に関わってきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

ひずんだ体は、関節の動き、筋肉、靱帯に異常な負担がかかってくる為、慢性的な凝りや痛みの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

体が歪むことによる血行不良

体のズレによって血管などを圧迫されることで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因になる。

整体と骨盤矯正

手技療法による「整体」の「骨盤矯正」は、主に手によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使う場合もありますが、一般には手でします。

また、コルセットのような骨盤を固定する道具も使う場合もあるみたいです。

一般に調整の痛みは伴わないのが普通なのですが、その中には凄く強い力で無理に調整を行う方法を用いる施術師もいます。

普通の骨盤の場合は、骨盤の関節の動きはとても狭く大きく可動することはない。

この少ない可動域を調整で動かすので、通常は強い力を使用することはないのです。

整体の骨盤矯正の現実

骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で繋がっていますが、靱帯や筋肉の柔軟性のゆるす範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は可動することはできない。

「「骨盤」が広がっているから「骨盤」を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、ネット、テレビ、雑誌などで見ますが、騙されないように。

「骨盤」にどれだけ力を加えても眼で見て分かるだけの変化はしない。

こんな広告をする整体は、骨盤の上に乗っかるなど大きな力を加えるなどして調整します。

凄く強い力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと考える方もいますが、目に見えて分かるほど動いた場合は骨盤の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまう為、靱帯や筋肉を損傷してしまいます。

治療前後で変わったと感じる人達もいるようですが、気のせいみたいなもので変ったような気がしているだけです。

「骨盤」の関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど可動していることはありません。

かりに見た目で変化が分かるほど骨盤が可動したのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の筋肉や靱帯は損傷しているはずであり、骨盤の関節に痛みが生じているはずです。

産後の骨盤矯正は例外?

例外的に骨盤が、普通異常に動く場合がある。

それは出産する時です。

出産時は、ホルモンの作用によって「骨盤」の関節がゆるみ骨盤が開くように動きやすくなったりします。

出産時には恥骨間が2㎝ほど広がりますが出産の時以外では「骨盤」の恥骨の関節は柔軟性はないのです。

出産時でもそんなに大きく広がらない骨盤が見た目で分かるほど修正で大きく動くことはありません。

歯列矯正のように何年か常に力を加えるようなベルトなど使えば少しずつですが矯正していく事はできるでしょうが現実的に無理があります。

あなたも骨盤矯正しよう!

整体でおこなわれている「骨盤矯正」は、体形などを変えるものではなく、肉体をバランスの整った理想の状態に正すことが目的です。

骨盤の仙腸関節は、ちょっとのひずみでも痛みを発症することもありますし、骨盤の少しの歪みを体全体をひずませ健康に大きな影響を与えます。

骨盤を治して体をバランスのとれた良い状態に保持することで健康を保って凝りや痛みを解消します。

もし「骨盤」がズレているとおもうのであれば骨盤矯正をしてみるのもいいとおもいます。

骨盤は肉体の基礎です。

骨盤が傾けば体全体が傾ていしまいます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「整体」施術はすごく効果的な手助けになる。

浜松市南区、骨盤矯正、整体

鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市西区、カイロプラクティック

カイロプラクティックの骨盤矯正

「骨盤矯正」

昨今「骨盤矯正」というものをネットやテレビなどで見ることが増えました。

骨盤矯正とは、どんなものなのか知る方達は多くありません。

骨盤矯正はどんなものなのか解説してみる。

骨盤矯正のことを知って、間違いのない骨盤矯正を受けることができるようになるでしょう。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正

骨盤は一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨の先っぽに付いている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療はふつう骨盤の修正はなされません。

なぜだと思いますか?一般の整形外科では骨盤は歪まないと考えていて骨盤がふんだんの生活でズレてそれが身体機能の異常の原因になったりすることはありえないと考えているからなのです。

(だが一部の病院で骨盤の修正を独自の方法でしている病院もわずかですがあります)。

例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりした場合のように強い力が骨盤にかかり骨盤の関節が大きくズレた場合(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元どおりの状態に戻すように「骨盤」を修正する場合があります。

この場合、手術のようなかたちで「骨盤」の修正をされることが多いようです。

また婦人科では、産後に骨盤の関節のゆるみを調整するように「骨盤」を絞めて安定させるベルトのようなものをすすめる病院があります。

 

骨盤は歪むのか?

病院などの医療で骨盤は歪まないと言われ、カイロプラクティックなどの手技療法では骨盤はズレるといわれていていったいどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそのような考え方の違いがでるのかを説明してみようと思います。

まず、カイロプラクティックで言う骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼のようにレントゲンなどの画像で見て分かるようなひどい歪みは扱いません。

一般の医療では?

病院などの医療ではレントゲン写真などの画像で見ることのできない程度の歪みは痛みなどの身体の不調の要因にはならないと考えます。

その他にも「骨盤」の可動性は少しで例外的に出産時に開くくらい。

中年くらいになると仙骨と腸骨はほぼ癒着してしまうので骨盤は通常では動くことはないと考えられているみたいです。

カイロプラクティックなどの手技療法では?

手技療法で行う骨盤矯正では、普段の治療で骨盤のすこしのひずみを調整したのちに患者の痛みがよくなるのを体験します。

事実骨盤の骨盤の周辺には筋肉、靱帯、神経などがありすこしのズレでも筋肉、靱帯、神経を刺激します。

レントゲンやMRIのような画像診断で歪みが写らなくても骨盤が歪んでいて、そのズレを治療する必要があるとカイロプラクティックで言うのはこのためです。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

歪んだ骨盤は、いろいろな痛みなどを身体にもたらします。

骨盤が歪むと骨盤に乗る脊椎が歪みます。

脊椎がズレると背骨の中の血管や神経、肉体を支える筋肉や靱帯、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管に大きな負担がかかりこれらは、どれも身体にとってすごく重要なものでどれか一つが侵されても体に障害が起きます。

骨盤が原因の身体の異常

背骨がズレると脊椎から出る神経の伝達が障害されます。

内臓諸器官の異常や運動器官の異常など体のさまざまな部分が神経で操られているので全ての体の異常に関係してきます。

筋肉、靱帯、関節にかかる負担

ひずんだ体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負担がかかってくる為、凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下などももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良

身体の曲がりによって血管を圧迫されることで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの原因になります。

カイロプラクティックによる骨盤矯正

手技療法などによるカイロプラクティックの「骨盤矯正」はおおくの場合手技によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使用することもありますが、一般には手でおこないます。

また、ベルトのような「骨盤」を圧迫する器具も用いる場合もあります。

ふつう矯正の痛みをともなわないのが普通なのですが、中には強い力で無理やり修正を行う方法を使う治療師もいる。

普通の骨盤の場合は、「骨盤」の仙腸関節の可動域はとても狭く大きく動くことはない。

このわずかな可動域を調整によって可動させるので普通強い力を使うことはありません。

カイロプラクティックでおこなっている骨盤矯正

骨盤の関節は靱帯や筋肉で繋がっていますが、筋肉や靱帯の柔軟性の許す範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は可動することはできません。

骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをネット、テレビ、雑誌で見ますが、騙されないで下さい。

骨盤にどれだけ力をかけても眼で見て分かるだけの変化はしない。

このような宣伝をする「カイロプラクティック」では「骨盤」の上に乗っかるなど大きな力を加えて修正します。

凄く強い力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと考える方もいますが、見た目で分かるほど可動したときは骨盤の仙腸関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまう為、筋肉や靱帯を破壊してしまいます。

治療した後変わったと思う人もいるみたいですが気のせいのようなもので変わったような気になっているだけなんです。

「骨盤」の仙骨と腸骨の関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど動いていることはありえません。

逆に見た目で動きが分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、仙骨と腸骨の関節の間の強い痛みが生じているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?

例外として骨盤が、普通異常に可動する場合がある。

それは、出産する時です。

出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩んで骨盤が、広がるように可動しやすくなっていきます。

出産時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では「骨盤」の恥骨の関節は柔軟性はない。

出産時でもそんなに大きく可動しない骨盤が、見た目で分かるほど調整で大きく可動することはない。

歯の矯正のように数年にわたって常に力を加えるようなコルセットなどを使用すれば徐々にですが矯正していくことはできるでしょうが現実では無理があります。

骨盤の矯正をしてみよう!

「カイロプラクティック」で行う骨盤矯正は、体形を変えるものでなく肉体をバランスの整った健康な状態に戻すことが目的なんです。

「骨盤」の関節は小さな歪みでも痛みを発症することもあるし、骨盤の少しの歪みを身体全体を歪ませ健康に大きな影響を与えます。

骨盤を矯正して体をバランスのとれた理想的な状態に戻すことで健康を保ち凝りや痛みを治します。

もし骨盤が歪んでいると思うのであれば、「骨盤矯正」をしてみるのもいいのではないでしょうか?「骨盤」は身体の土台です。

骨盤が歪めば背骨が傾ていしまいます。

健康な身体は姿勢から!「カイロプラクティック」矯正法はとっても効果的な手助けになります。

浜松市西区、骨盤矯正

鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縲√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

カイロプラクティック

骨盤矯正とカイロプラクティック

「骨盤矯正」

最近は骨盤矯正という言葉をネットや週刊誌やテレビなどで見かけることが増えました。

「骨盤矯正」はどのようなものなのか知る方達は多くありません。

「骨盤矯正」はなんなのか説明してみる。

骨盤矯正」のことを知って、間違いの無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にある仙骨、それと仙骨(せんこつ)の先っぽについている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療では普通「骨盤」の施術はしません。

なぜか?整形外科では骨盤は歪まないと考えていて骨盤が日常生活でズレてそのズレが肉体の異常の原因になってしまうことはないと思っているからです。

(しかし一部の病院で「骨盤」の修正を独自の方法でやっている病院もすくなからずある)。

例外としては、交通事故や高い所から落下したときのように大きな負荷が「骨盤」にかかり骨盤の関節が大きく歪んだとき(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼のようなこと)、元どおりの状態に戻すように骨盤を矯正する場合がある。

この場合は、外科手術で「骨盤」の修正を行うことが多いようです。

また産婦人科では、産後に骨盤の関節のゆるみを修正するように骨盤を絞めて固定するベルトのようなものをすすめる病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

病院などの一般の医療では骨盤はズレないとされカイロプラクティックなどの民間療法では「骨盤」は歪むといわれていてどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそんな考え方の違いがでるのかを説明していきます。

まず、「カイロプラクティック」でいう骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲンなどの画像で見て分かるようなひどいズレは扱うことはありません。

一般の医療では?

整形外科などの医療ではレントゲンなどの画像診断で分からないくらいのズレは痛みなどの身体の不調の原因になりえないと考えます。

他にも「骨盤」の可動性は少なく例外的に出産する時に可動する程度。

中年以降は腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまうので骨盤は普通稼働しないと考えています。

カイロプラクティックなどの手技療法では?

カイロプラクティックで行われている骨盤矯正では、普段の施術で骨盤の少しのズレを治療した結果患部の痛みがなくなるのを見ています。

実際骨盤の関節の周りには筋肉、靱帯、神経があってちょっとのズレでも筋肉、靱帯、神経を充分刺激してしまいます。

レントゲンやMRIのような画像診断でひずみが認められなくても骨盤がズレていてその歪みを治療する必要があると「カイロプラクティック」で考えるのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

ズレた骨盤は、いろいろな異常などを身体に出現させます。

骨盤が歪むと骨盤に乗っている背骨がひずみます。

背骨がズレると背骨の中の神経や血管、肉体を保持する靱帯や筋肉、全身の臓器に血液を送る血管に負担がかかります。

これらは、全て体にとって凄く重要なものでどれが障害されても身体に障害が起きてきます。

骨盤が原因で神経圧迫

背骨がひずむと背骨より出る神経機能が障害されます。

内臓機能の障害や運動器官の障害など肉体のいろいろな部分が神経の情報で操られているので全ての体の異常に関連してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

歪んだ肉体は、関節の動き、筋肉、靱帯に大きな負担がかかるため、凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

体の曲がりによって血管などを圧迫されることで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの要因になります。

カイロプラクティックと骨盤矯正

手技療法などによる「カイロプラクティック」の「骨盤矯正」では、主に手によっておこなわれます。

矯正器具や矯正ベッドを使うこともありますが、一般には手技でします。

また、骨盤ベルトのような骨盤を固定する装具も使う場合もあるみたいです。

一般に矯正の痛みは無いのが普通ですが、中にはとても強い力で無理に調整を、使用する整体師もいる。

正常な骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動域はとても狭く大きく可動することは無い。

このすくない動きを施術により可動させるので通常強い力を必要とすることはないのです。

現実のカイロプラクティックの骨盤矯正

「骨盤」の関節は靱帯や筋肉でつながっていますが、靱帯や筋肉などの柔らかさの許す範囲でしか骨盤の関節は動くことはできない。

「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、雑誌、ネット、テレビで見られますが、騙されないように。

骨盤にどれだけ力を加えても眼で見て分かるだけの動きはしません。

こんな宣伝をするカイロプラクティックは、骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えるなどして調整します。

すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると考える人もいると思いますが、目に見えて分かるほど動いた場合は「骨盤」の仙骨と腸骨の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を損傷してしまいます。

治療前後で変わったと思う方達もいるみたいですがプラシーボ効果のようなもので変ったような感じがしているだけです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷が無ければ骨盤が目に見えて違いが自覚できるほど可動していることはありません。

仮に目に見えて違いが分かるほど骨盤が動いたのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は損傷しているわけであり、仙骨と腸骨の関節の間の痛みが生じているはずです。

産後の骨盤矯正は例外?

例外的に「骨盤」が普通異常に可動することがあります。

それは、出産する時です。

出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるんで骨盤が、開くように動きやすくなります。

出産の時には恥骨間が2㎝くらい広がりますが出産時以外では骨盤の関節は柔軟性は無い。

出産時でもそんなに大きく開かない骨盤が、外見で分かるほど治療で大きく可動することはない。

歯の矯正のように数年間にわたって常に力を加え続けるようなベルトなど使えばすこしずつですが矯正していく事はできるでしょうが現実的に無理があります。

骨盤矯正をしよう!

「カイロプラクティック」で行う「骨盤矯正」は体形を変化させるものでなく身体をバランスの整った理想的な状態に正すことが目的なんです。

骨盤の腸骨と仙骨の関節が小さなズレでも痛みなどを発症することもあるし、「骨盤」のちょっとの歪みを身体全体をひずませ健康などに大きな影響を与えます。

骨盤を矯正して体をバランスのとれた理想の状態に保持することで健康を保って痛みや凝りを改善します。

もしも骨盤が歪んでいるとおもったら「骨盤矯正」を受けてみるのもいいとおもいます。

「骨盤」は、体の土台です。

「骨盤」が傾けば背骨が傾ていしまいます。

健康な身体は姿勢から!「カイロプラクティック」矯正法はすごく有効な手助けになります。

浜松市西区、カイロプラクティック

閻ー逞・ 閻ー逞帙€∵紛菴・ 閻ー逞帙→謨エ菴・ 閻ー逞帙・豐サ逋ゅ→謨エ菴・ 謨エ菴薙€∬・逞・ 謨エ菴薙→閻ー逞・ 謨エ菴薙・豐サ逋ゅ→閻ー逞・ 謨エ菴薙・閻ー逞帶イサ逋・ 閻ー逞帙・豐サ縺玲婿

浜松市南区、整体

腰痛を改善する整体の治療

腰痛を改善する整体の治療

腰痛とは、腰部の痛みや炎症などを症ずる状況をいいます。

大多数の「腰痛」は、だいたい発現からだいたい数週間以内に治ります。

しかし、ほとんどの腰痛は、再発を何度も繰り返し、その中の何%かは日常生活に重大な支障をもたらす重大な状態になる可能性があります。

腰痛は、大きく分けると急性の腰痛と慢性腰痛に分けられます。

急性の腰痛はいきなり痛くなる、ぎっくり腰を含めて痛みがでてからたいして時が過ぎていない腰痛です。

慢性腰痛は、長い間痛みなどの不快な症状が腰の辺りにつづく「腰痛」で痛みなどの症状の軽減と発病を何度も繰り返しながら長期間続く場合もある。

一生で80%以上の人達が、一度は、腰痛を経験するといわれている。

腰痛の分類

「腰痛」は急性の腰痛と慢性の腰痛という発病してからの日数で区分されるだけでなく、もちろんのこと要因によっても分類される。

要因による「腰痛」の分類には、急性腰痛症,腰部椎間板ヘルニア、腰部椎間板症変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、心因性腰痛、腫瘍(ガン)、などがあります。

腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などの「腰痛」は、高齢者にはよくある「腰痛」で、MRIなどの画像診断をするとおおくのばあい老人に認められますが、これらの腰の病変は高齢の方の「腰痛」の要因ではないという話もあるみたいです。

これは手術によって腰痛の病変を取り去っても「腰痛」が治らないことがおおい為である。

緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は筋肉に過剰な負担が加えられることによって筋肉や筋膜などが過度に緊張することで現れる「腰痛」になります。

慢性腰痛は、腰痛が、3ヶ月以上続く長期の「腰痛」です。

原因がさだかでない「腰痛」も多く、ストレスや不安が要因の心因性の腰痛ではないかとも考えられる。

急性の腰痛を悪化させて慢性腰痛に変化することもあるのです。

他の腰痛

腰痛には大きな病気が隠れている事もあり緊急性が高く死亡率のすごく高い病気もあります。

緊急性が高く、死亡率のすごく高い「腰痛」の要因に大動脈解離腹部大動脈瘤、急性膵炎、腎梗塞、などあげられます。

特に注意を要する「腰痛」には脊椎感染症、悪性腫瘍、腹部感染症、などがあります。

腰痛」の原因になるこれらの病変に関しては要因である病を取り除かないかぎり腰痛がよくなることはない。

腰痛以外に症状があるときは、他の病が隠れているか確かめてみることが重要になります。

普通の腰痛とたかをくくっていると命取りにもなりかねません。

腰痛」の種類によっては、命取りになる恐ろしい「腰痛」もあるということを知っておきましょう。

非特異的腰痛の要因

精神的な要因(不安、ストレス)、妊娠、肥満、腰い負担おかかる職業、運動不足、年齢、など。

精神的要因による腰痛は、要因がつかめない「腰痛」に関してしばしば使用されます。

しかしMRIやレントゲンに原因らしいものが写らなかったからといって精神的な要因と言うのは違っています。

MRIやレントゲンにすべての要因が写ることはなく、逆にレントゲンやMRIに写し出すことのできない要因の方が多いことからも、心因性の腰痛だと診断されたからと言って身体的な要因がないと安心することはできません。

整体と腰痛の施術

「腰痛」の治療法には、さまざまな治療が使われる。

これは腰痛の原因が様々あるということだけでなく、決定的な治療が無いことです。

一般に鎮痛剤や湿布や注射など薬物を使う治療と、ストレッチや筋力トレーニング、姿勢の改善などの運動療法。

テーピングやコルセット。

電気治療や温熱療法。

マッサージや鍼治療。

いろいろな治療法が腰痛治療で使われますが、中でもすごく効果的だといわれるのが「整体」のような骨格矯正です。

整体は、脊椎や骨盤などの体のバランスを調整することで「腰痛」を治します。

背骨の歪みや骨盤の歪みが腰痛の大きな原因になります。

整体は「腰痛」の要因になる背骨や骨盤を治します。

腰痛の整体の矯正

「整体」の腰痛治療は一般にボキッって骨を鳴らすのをイメージする方達がほとんどではないでしょうか?基本的には、急性腰痛には、そのようなぼきぼきする方法を「整体」で行うことはない。

また、急性腰痛に対してボキボキするような矯正をする「整体」は、注意した方がいいかもしれません。

急性腰痛に対して「整体」ではぼきぼきしない施術方法で背骨や骨盤の調整をします。

「整体」にも柔らかい治療法が使われます。

慢性腰痛に対しては「整体」の矯正方法にもよりますがぼきぼきする治療をすることもあります。

整体は、ぼきぼきする方法やボキボキしない矯正方法に関わらず脊椎や骨盤を矯正するためとても効き目が高いので、腰痛で困っているなら一回整体の調整を受けてみることをお奨めします。

浜松市東区、腰痛、整体

閻ー逞帙r謾ケ蝟・☆繧・ 閻ー逞帙・謾ケ蝟・€∵紛菴・ 閻ー逞帙・謾ケ蝟・→謨エ菴・ 謨エ菴薙€∬・逞帙・謾ケ蝟・ 謨エ菴薙→閻ー逞帙・謾ケ蝟・ 閻ー逞帶隼蝟・ 閻ー逞帶隼蝟・€∵紛菴・ 閻ー逞帶隼蝟・→謨エ菴・ 謨エ菴薙€∬・逞帶隼蝟・ 謨エ菴薙→閻ー逞帶隼蝟・ 閻ー逞帙・豐サ逋よウ・ 閻ー逞帙・豐サ逋よウ輔€∵紛菴・ 閻ー逞帙・豐サ逋よウ輔→謨エ菴・ 謨エ菴薙€∬・逞帙・豐サ逋よウ・ 謨エ菴薙→閻ー逞帙・豐サ逋よウ・ 閻ー逞帙→鬪ィ逶、遏ッ豁」

腰痛

腰痛を改善する整体の矯正

腰痛を治す整体の治療

腰痛とは腰の部分の炎症や痛みを症ずる状況をいいます。

大半の「腰痛」はおおよそ発現から数週間以内に改善されます。

しかし、大多数の「腰痛」は、傷めることを何度も繰り返し、その中の何%かは活動に大きな支障をきたす重大な症状になったりします。

腰痛」は大きく分類すると急性の腰痛と慢性腰痛に分けられます。

急性の腰痛は急に痛くなるような「ギックリ腰」を含めて症状が出て少ししか時間の経過していない腰痛です。

慢性の腰痛は、長い期間痛みなどの不快な状態が腰部につづく「腰痛」で痛みなどの不快な症状の消失と発現を何度も繰り返しながら長い期間継続する場合もあるのです。

一生で80パーセント以上の人達が、一度は「腰痛」を経験するといわれている。

腰痛の分類

腰痛は急性腰痛と慢性の腰痛という発現してからの時間で分類されるだけではなく、もちろんのこと原因によっても分類される。

症状による腰痛の種類には、急性腰痛症(ぎっくり腰),腰部椎間板ヘルニア、腰部椎間板症骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、感染性脊椎炎、腰椎圧迫骨折、心因性腰痛、腫瘍(癌)、などあります。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などの「腰痛」は、高齢者には普通にある「腰痛」でレントゲンなどの画像診断をするとおおくの場合高齢の人達に見られますが、これらは高齢の方達の腰痛の要因では無いという話もあるようです。

これは手術などによってこれらの病変を取り除いても、「腰痛」が消失しないことがおおいためである。

緊張性腰痛(筋筋膜性腰痛)は、筋肉や筋膜に過度なストレスが加えられることによって筋肉や筋膜などが収縮することで引き起こされる腰痛です。

慢性の腰痛は腰痛が、3ヶ月以上つづく場合の「腰痛」です。

原因がさだかでない腰痛も沢山あって不安やストレスなどが要因の精神的な「腰痛」ではないかと言われています。

急性腰痛をこじらせて慢性腰痛になることもあるようです。

他の腰痛

腰痛にはとても大きな病変が潜んでいることもあり緊急性があり致死性のすごく高い疾患もあります。

緊急性があり死亡率のすごく高い「腰痛」の要因に腹部大動脈瘤、大動脈解離、腎梗塞、急性膵炎、などがあげられます。

とくに注意しなければならない腰痛は、脊椎感染症、悪性腫瘍、腹部感染症、があります。

腰痛の要因になるこのような病変に関しては、原因である疾病を治療しないかぎり「腰痛」が治ることはない。

「腰痛」症状の他にも症状がある人は、他の病変が隠れているか調べてみることが重要になる。

普通の「腰痛」と油断していると、命取りにもなりかねません。

「腰痛」の中には、命を脅かす恐ろしい腰痛もあることを知っておきましょう。

非特異的腰痛の要因

精神的な要因(不安、ストレス)、妊娠、肥満、腰い負担おかかる職業、運動不足、年齢、など。

精神的な要因による腰痛は、要因がつかめない「腰痛」などに対してしばしば使われますしかし、レントゲンやMRIなどに要因らしいものが写らないといって精神的要因だというのは違います。

レントゲンやMRIにすべての要因が映し出されることはなく、逆にMRIやレントゲンに写し出すことのできない要因の方がおおいことからも心因性腰痛だと判断されたからと言って身体的な原因がないと楽観視することはできません。

整体と腰痛の治療

腰痛の治療法には、さまざまな対処法が用いられる。

これは、「腰痛」の要因が色々あるということだけでなく、根本的な治療法がないことです。

一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬などを使用する治療法と、姿勢の改善、ストレッチや筋力トレーニング、などの運動療法。

コルセットやテーピング。

電気治療や温熱療法。

鍼治療やマッサージ。

色ろな方法が腰痛治療で用いられますが、中でも最も効き目があるといわれるのが「整体」のような骨格矯正です。

整体は、背骨や骨盤などの身体のバランスを整えることにより腰痛を治します。

骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の主な原因になります。

「整体」は「腰痛」の原因になる脊椎や骨盤を調整します。

整体の腰痛の施術方

整体腰痛治療は普通ボキボキ音を矯正するのをイメージする方達が多いのではないですか?基本的に急性腰痛などには、そのようなボキボキする矯正を「整体」ですることは考えられません。

また、急性腰痛に対してぼきぼきするような施術をする整体は、注意したほうがいいかもしれません。

「ぎっくり腰」のような急性腰痛に対して「整体」では、ボキボキしない矯正で背骨骨盤の矯正を行います。

「整体」にもソフトな矯正法があるのです。

慢性の腰痛に関しては、「整体」の矯正法にもよりますがボキボキする調整をすることもある。

「整体」は、ボキッっとするやり方やボキッっとする矯正方法に関わらず背骨骨盤を調整するためとても効果が高いので「腰痛」で悩んでいるのでしたら一度整体の治療を試してみることをおすすめします。

浜松市西区、腰痛

閻ー逞・ 閻ー逞帙€√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

浜松市南区、腰痛、カイロプラクティック

腰痛を改善する整体の矯正

腰痛の治療と整体の施術

「腰痛」とは、腰部の痛みや炎症などを感じる状態を言います。

大半の腰痛はおおよそ発現からだいたい数週間以内に症状が軽減します。

しかしおおくの「腰痛」は、痛みを何回も繰り返しその中の何割かは日常生活に重大な支障をきたす重大な状況になります。

「腰痛」は大まかに分けて急性の腰痛と慢性の腰痛に分けることができます。

急性の腰痛は、いきなり痛くなる、「ぎっくり腰」を含めて症状がでてからあんまり時が経過していない腰痛です。

慢性腰痛は、長い間痛みなどの不快な状態が腰部に続く腰痛で痛みなどの不快な症状の消失と発現を何回も繰り返し長い間続く場合もある。

一生の中で80パーセントくらいの人が一度は「腰痛」を体験すると言われています。

腰痛の分類

腰痛は急性腰痛と慢性腰痛という発現してからの日数で分けられるだけでなく、当然のこと要因によっても分けられます。

原因による「腰痛」の分類には、急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰部椎間板ヘルニア、腰部椎間板症変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、腫瘍(癌)、心因性腰痛、がある。

腰部椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)みたいな腰痛は、老人には普通に患う「腰痛」で、レントゲン撮影などするとおおくのばあい高齢者に認められますが、これらの病変は老人の「腰痛」の要因では無いという話もあるみたいです。

これは手術によって腰痛の原因を取り除いても、「腰痛」が治らないことがおおい為である。

緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は筋肉や筋膜に過度なストレスが加わることで、筋肉や筋膜などが収縮することで引き起こされる「腰痛」である。

慢性腰痛は、「腰痛」が3ヶ月以上続く長期の「腰痛」です。

原因がわからない腰痛もたくさんあって不安やストレスなどが要因の心理的な「腰痛」ではないかと言われています。

急性腰痛をこじらせて慢性腰痛に移行することもあります。

その他の腰痛

腰痛は大きな疾患が隠れている場合もあり緊急性があり死ぬ可能性のある病気もある。

緊急性があり、致死性のすごく高い腰痛の要因に腹部大動脈瘤、大動脈解離、急性膵炎、腎梗塞、などあげられます。

とくに注意を要する「腰痛」は、腹部感染症、脊椎感染症、悪性腫瘍、があります。

腰痛の要因になるこのような病に関しては、原因である病変を治療しないかぎり「腰痛」が治ることはない。

「腰痛」以外に症状がある方は、腰痛以外の病気が潜んでいないか調べてみることが必要になる。

只の「腰痛」と油断していると、命取りにもなりかねません。

腰痛の種類によっては、命を脅かす恐い腰痛もあるということを分かっておく必要があります。

非特異的腰痛を来たしやすい原因

精神的要因(不安、ストレス)、妊娠、肥満、年齢、腰い負担おかかる職業、運動不足、など。

精神的な要因による「腰痛」は、要因がつかめない「腰痛」などに対して多く使われますしかし、レントゲンやMRIに要因が写らなかったからといって精神的要因と言うのは間違いです。

レントゲンやMRIにすべての要因が映し出されることはなく、逆にレントゲンやMRIに写しだせない要因の方がはるかに多いことからも、心因性腰痛だと診断されたからといって肉体的な要因が無いと楽観視することはできません。

腰痛とカイロプラクティック

「腰痛」の治療方法は、いろいろな方法が使われます。

これは腰痛の原因がいろいろあるということだけでなく、根本的な治療法がないということです。

一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬などを使用する治療と、筋力トレーニング、姿勢の改善、ストレッチなどの運動療法。

テーピングやコルセット。

電気治療や温熱療法。

マッサージや鍼治療。

いろいろな治療法が腰痛治療で用いられますが、その中でもすごく効果があると言われるのがカイロプラクティックなどの骨格矯正です。

「カイロプラクティック」は、背骨や骨盤などの骨格を整えることで「腰痛」を治します。

骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の大きな要因になる。

カイロプラクティック」は「腰痛」の要因になる脊椎骨盤を治します。

カイロプラクティックの腰痛の矯正方

「カイロプラクティック」腰痛治療は、一般的にボキボキ音を鳴らすのを想像することがほとんどではないですか?基本的に急性腰痛(ぎっくり腰)には、そのようなボキボキする施術をカイロプラクティックですることは考えられません。

また急性腰痛に対してボキボキするような矯正をする「カイロプラクティック」は、気を付けた方がいいかもしれません。

「ぎっくり腰」のような急性腰痛に対して「カイロプラクティック」はボキボキしない施術法で脊椎や骨盤の調整をします。

「カイロプラクティック」にもやさしい施術方法が使われます。

慢性の腰痛にたいしてはカイロプラクティックの施術にもよりますがボキッってする治療をすることもある。

「カイロプラクティック」は、ぼきぼきする方法やボキボキしないやり方に関わらず背骨や骨盤を矯正するためとっても効果が高いので、「腰痛」で困っているのでしたら一回「カイロプラクティック」の施術を試してみることをおススメします。

浜松市、腰痛、カイロプラクティック

鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ閻ー逞・ 閻ー逞帶イサ逋ゅ→鬪ィ逶、遏ッ豁」

腰痛、カイロプラクティック

腰痛の治療と整体の施術

腰痛と整体

「腰痛」は腰の炎症や痛みを感じる状況を言います。

大部分の「腰痛」はたいてい発症から数週間以内に治ります。

しかし大半の「腰痛」は、再発を何度も繰り返し、そのうちの何パーセントかは活動に大きな支障をきたす重篤な症状になったりします。

「腰痛」は大きく分けると急性腰痛と慢性の腰痛に分けることができます。

急性腰痛は、突如痛くなる、ギックリ腰を含めて痛みが出てすこししか時が経過していない腰痛です。

慢性腰痛は、長期間痛みや不快な状態が腰部につづく「腰痛」で痛みの軽減と発症を何度も繰り返しながら長い間続く場合もある。

一生で80パーセント以上の方達が、一回は腰痛を発症すると言われている。

腰痛の分け方

腰痛は急性の腰痛と慢性腰痛という発病してからの日数で区分されるだけでなくもちろんのこと要因によっても分けられる。

要因による「腰痛」の種類には、急性腰痛症腰部椎間板ヘルニア、腰部椎間板症変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、感染性脊椎炎、心因性腰痛、腫瘍(癌)、などある。

腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のような「腰痛」は、老人には珍しくない「腰痛」で、MRI撮影などすると、ほとんどの高齢の人に認められますが、これらの病変は老人の腰痛の要因ではないという話もあるようです。

これは手術によって腰痛の要因を取り去っても「腰痛」が消失しないことがおおい為である。

緊張性の腰痛(筋筋膜性腰痛)は筋肉に過大な負荷が掛かることで、筋肉などが、収縮することによってあらわれる「腰痛」である。

慢性腰痛「腰痛」が3ヶ月以上つづく場合の「腰痛」です。

原因が解らない腰痛もたくさんありストレスや不安が原因の精神的な「腰痛」ではないかと思われる。

急性腰痛をこじらせて慢性腰痛に変化することもあるのです。

それ以外の腰痛

腰痛」は危険な病気が潜んでいる場合もあり緊急性が高く死ぬ可能性のある疾患もある。

緊急性があり死ぬ可能性の高い「腰痛」の原因に腹部大動脈瘤、大動脈解離、腎梗塞急性膵炎、などがあげられます。

特に注意しなければならない「腰痛」には、悪性腫瘍腹部感染症脊椎感染症、があります。

「腰痛」の要因になるこのような病に対しては原因である病気を取り除かないかぎり「腰痛」が消失することはありません。

「腰痛」症状の他にも症状がある方達は、他の病が潜んでいないか調べてみることが必要になります。

只の「腰痛」と油断していると、命取りにもなりかねません。

腰痛」の種類によっては命に係わる恐い「腰痛」もあることを解っておきましょう。

非特異的腰痛を来たしやすい要因

精神的要因(不安、ストレス)、妊娠、肥満、年齢、腰い負担おかかる職業、運動不足、など。

精神的要因による腰痛は、原因がはっきりしない腰痛などに関しておおく使用されます。

しかしレントゲンやMRIに原因が写らないと言って精神的要因だと言うのは違います。

レントゲンやMRIに全ての要因が写し出されることはなく、逆にレントゲンやMRIに写しだせない原因の方が多いことからも、心因性の腰痛だと判断されたからと言って身体的な原因がないと安心することはできない。

カイロプラクティックと腰痛

「腰痛」の治療には様々な治療法が用いられる。

これは「腰痛」の原因が色々あるということだけでなく、根本的な治療がないということです。

一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬物を使う治療と、ストレッチや筋力トレーニング、姿勢の改善などの運動療法。

テーピングやコルセット。

電気治療や温熱療法。

マッサージや鍼治療。

様々な方法が腰痛治療で用いられますが、その中でも最高に効果的だと言われているのが、「カイロプラクティック」のような骨格矯正です。

カイロプラクティックは脊椎や骨盤など身体のバランスを改善することで「腰痛」を治療します。

背骨の歪みや骨盤の歪みが腰痛の主な原因になる。

「カイロプラクティック」は腰痛の原因になる背骨骨盤を治します。

腰痛のカイロプラクティックの矯正

カイロプラクティック」の腰痛治療は、普通ボキボキ骨を矯正するのをイメージする方がほとんどではないですか?基本的に急性腰痛(ぎっくり腰)などには、このようなボキッてする矯正をカイロプラクティックで行うことは考えられません。

また、急性の腰痛に対してぼきぼきするような矯正をする「カイロプラクティック」は気を付けた方がいいかもしれません。

急性腰痛(ぎっくり腰)にたいしてカイロプラクティックでは、ボキボキしない矯正で脊椎や骨盤の修正をします。

「カイロプラクティック」にもやさしい矯正方法が用いられます。

慢性腰痛に対してはカイロプラクティックの治療にもよりますがボキッってする矯正をすることもあります。

「カイロプラクティック」は、ぼきぼきするやり方やボキッってするやり方に関係なく脊椎や骨盤を調整する為とても効き目が高いので、「腰痛」で悩んでいるなら一度カイロプラクティックの治療を試してみることをおススメします。

浜松市、腰痛

腰痛、整体

ブログ

妙厳寺(豊川稲荷)に行きました(#^.^#)

愛知県豊川市豊川町にある曹洞宗のお寺です。

稲荷というと神社と思いますよね
しかし豊川稲荷は神社ではなくて寺院なんです(^_^)/
正式には「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)という寺院です!(^^)!
かなり大きな寺で、お正月はたくさんの人で賑わいます(^^♪
豊川稲荷は「狐」信仰しているように思うかもしれませんが、信仰の対象は「吒枳尼天」っていう神様らしいです(#^^#)切り火をしてくれる方の話では吒枳尼天が狐に乗って現れたということで狐も祭っているなんてこと聞きました(^_^)
1-003●●●●●●●●●●

豊川稲荷のおススメは!

お賽銭を投げて帰ってくるだけなんてもったいないです(*^-^*)
奥の方も周って探検してこよう!
お賽銭を投げる建物(本堂)の右を奥の方に行くと、毘沙門天とか大黒天とかを祭ってある祠(ほこら)が並んで建っています!さらに奥に行くと狐塚の案内がありますので狐塚は見ておきましょう!(^^)!
霊狐塚(れいこづか)というらしいのですが、石でできた「狐」が沢山並んでいて、ちょっとだけ怖い気もしますが他の所にはなかなかないみたいなので見に行っておきましょう(^O^)

「切り火」もやってもらおう。

霊狐塚(れいこづか)の入り口付近にある建物で「切り火」していただけます(#^.^#)
切り火とは、時代劇なんかで見たことある方もいると思いますが、家から出る時に「火打石」でカチカチして火花を飛ばしているやつです!
よくしりませんが、お清めの儀式らしいです(*^^)v
多くの人が切り火の案内に気づかず通り過ぎている感じがします(私も教えてもらうまでは気が付かずに通り過ぎていた(^_^;))!
祠(ほこら)の扉や賽銭箱に案内の紙が貼ってありますので気が付くと思います(*^-^*)切り火をしてもらう料金は気持ちってことみたいですが、お金を置く台の所に1000円札が置いてあるので千円が相場なのかなぁと思っていつも1000円を置いてきます(^^;「切り火」は、テレビで見るようにカチカチという感じではなく、シャッ!シャッ!って感じで結構火花が飛びます。

一番最後に財布をあげて財布の中にも「切り火」をしてくれるので、なんかリッチになりそうな気分になります(^o^)

「切り火」の後は狐を触らせてもらってください。

「切り火」やっている祠に入ると前の方に一対の木製の狐が置かれてます。

この狐、大岡越前(時代劇で有名な)によって納められた狐らしいんです(^^♪一度触ってきて下さい(*^-^*)ちなみに、切り火に使う火打石は門前の商店街の仏具屋さんでかうことができます(^^♪家でもシャッ!シャッ!っと火花を飛ばしてお清めするのもいいとおもいます(^_^)
ブログ

肩こり、カイロプラクティック、整体

ブログ

浜松フラワーパーク

季節ごとに色々な花が花を咲かす「はままつフラワーパーク」に行きました(#^^#)
と言っても暫く前のことになります(#^.^#)
今回は、「梅のはな」を見てきました(^O^)
花にとくに興味がある訳でなないので花について語ることはできませんが色々な種類の梅が咲いていました(^O^)/しばらくすると今度は「桜の花」ですね(^O^)/
1-002●●●●●●●●●●
フラワーパークの中を電車みたいなもの(フラワートレイン)が動いていて、年配の方や子供のいる家族でも広いフラワーパーク内を楽々見て周ることができるようです!
温室の近くからスロープカーが出ていて、車いすやベビーカーを引いている人でも楽に坂を上り下りできるようになっています(^_-)-☆
1-002●●●●●●●●●●
植木なども手を加えてあって、クマ・鹿・鳥・リス・蝶など様々なキャラクターにカットされたものや、花で絵が描かれていたり、水の上にガーベラでできたハートが浮いていたり、花でできたドレスがあって顔を出して写真が撮れたりと工夫されている施設になっています(*^_^*)
動物が好きな人は、動物園もとなりあるので一緒に見に行くのもいいんじゃないでしょうか(*^_^*)
営業している時間帯は時期により変更されるようなので、自らチェックしてみましょう(*^_^*)
ブログ

逕」蠕後・鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ縲∵紛菴薙・鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市西区、整体

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正を受けたいと思いますか?

産後にされる産後の骨盤矯正を受けてみたいと思ったことはありますか?最近、出産された人で見聞きしたことのない方達はいないんじゃないでしょうか?産後「骨盤矯正」が聞かれるようになったのは、30年くらい前からでしょうか?30年前にも産後の「骨盤矯正」は存在していたのですが今のように普通には周知されていませんでした。

今から30年前くらいにテレビや雑誌で取り上げられるようになりだんだんと産後「骨盤矯正」は、世間一般にも知ってもらえるようになりました。

産後の骨盤は歪む?

赤ちゃんを出産する時骨盤は、赤ちゃんが通りやすいように広がります。

普段ほとんど可動しない「骨盤」の仙腸関節は出産がちょっとでも苦痛がないようにホルモンによって可動性が増えて広がります。

一番に左右の恥骨の間と坐骨の間が広がります。

仙骨と腸骨の間の仙腸関節は動きはありますが広がったりしない。

骨盤の骨盤の関節が柔軟性が増し始めるのは出産前からで、産後最高に開きます。

大きく広がった「骨盤」は産後元の状態になります。

産後に骨盤は歪む?

通常、出産後骨盤は元通りになります。

だが、産後元の状態に戻らず腰痛や背中の痛みなどを発病することがある。

どうして「骨盤」はズレるのでしょうか?

赤ちゃんによって骨盤が歪む

妊娠中にお腹の赤ちゃんが少しずつ大きくなります。

大きくなってきた赤ちゃんによって骨盤が中から押し広げられて骨盤が歪みます。

生活習慣によって歪む

日常生活で、骨盤がズレるような癖がある場合。

もともと骨盤がズレていれば、出産後にそのズレが持続することがある。

出産後骨盤は子供の出産前の骨盤に戻るが、元々の「骨盤」の状態が歪んでいれば、ズレた状態になってしまいます。

産後骨盤が戻らなかった場合

産後に「骨盤」は出産前の骨盤になろうとしますが、いくつかの原因で骨盤が元に戻らずズレた状態になってしまうことがある。

この場合、ひどい痛みが出ることがありあります。

痛みを感じる所は恥骨周辺の場合もありますが、腰周辺出現する場合もある。

出産後、しばらくして骨盤が歪む

出産後しばらくの間は、「骨盤」の仙腸関節は緩くなった状態になっています。

その時期に子供の世話などで、歪んだ姿勢でいる時間が継続したりすると産後「骨盤」が正常に戻った後でも少しずつズレてしまいます。

自分でする産後の骨盤矯正

昨今では、婦人科などでも「骨盤」の歪みに対して骨盤を安定させるように締める着ける骨盤ベルトのようなものを使うように奨めることもあります。

またネット、雑誌、テレビで自分自身で「骨盤」のズレを正す骨盤体操も流布されるようになりました。

婦人科で奨めているような骨盤ベルトは、骨盤を動かないように「骨盤」の関節を締め付けるだけです。

産婦人科では、どんなふうに「骨盤」がズレているかを確かめることはない。

出産後骨盤が曲がっていることを大前提にただ締め付けてあげるだけです。

骨盤矯正体操は、柔軟などの体操や「骨盤」にゴムチューブを巻いて骨盤を動かしたりして「骨盤」を歪んでいない状態に戻そうとするものですが、自分自身の骨盤の状態がどれだけ曲がっているかを知る方法を教えてくれませんので自分自身の「骨盤」の歪みの状態を理解することはできません。

ストレッチや「骨盤」を動かす体操をやっても自分自身の「骨盤」の歪みを知らなければ、理想の状態に改善するには、どのような方向に力を加えていいか判断できません。

自分自身の状況が分からないのにおこなう「骨盤矯正」のヨガなどのストレッチは、動いている間に運よく正しい状態になるかもという「奇跡を願ってする神頼み」と同じようなものです。

整体でおこなう骨盤矯正

骨格矯正の専門の治療である整体は、「骨盤矯正」の専門家でもあります。

整体は「骨盤」の歪みを検査して、骨盤のズレを理想的な状態に整えるように「骨盤」を施術します。

骨盤を理想の状態に治すには、「骨盤」の歪んでいる状態を知っておく必要がある。

骨盤の状況を理解していなければ、どの方向に力を加えれば元の状態に戻すことができるかわからない。

前の述べた一般人が行う骨盤矯正は、骨盤の状態を考えずに矯正を行う為、最悪の場合骨盤の歪みが大きく悪くなることもあります。

このようなことは珍しくない。

産後の「骨盤矯正」をしようと考えているのであれば、整体で治療することがいちばんおすすめです。

またエステのような所の「骨盤矯正」は、個人の印象ですが、骨盤のズレがまったく無いのに大げさに骨盤が歪んでいると来た人を不安にさせ必要のない矯正を長期間にわたって行う傾向が強いように思います。

正直信用できないところもたくさんあるような気がします。

出産後の骨盤矯正は必要なの?

昨今の骨盤矯正の広告を見てみると、産後「骨盤矯正」は、必ずするべきだ言わんばかりの宣伝が目立ちます。

「骨盤矯正」出産後絶対必要なのでしょうか?その答えは「NO」です。

「骨盤矯正」がどうしても必要なくらい身体に影響するのであれば、「骨盤矯正」が存在しなかった時はどーだったのか?骨盤矯正が存在しなかった時でも問題なく人間は子供を産んでいました。

産後の骨盤のほとんどは、出産前の正常な状態に自然にもどります。

しかし、中には出産後骨盤が歪んでしまう人達が少なからずいます。

ほとんどの方達は、出産後の骨盤矯正はする必要はありません。

「骨盤矯正」が必要な人は、産後何らかの異常を感じた場合だけです。

産後骨盤のズレが心配であれば、しっかり骨盤の検査をしてくれる「整体」に通うべきです。

まともな整体では、「体形が崩れる」「太りやすくなる」などと「骨盤矯正」をすすめることはありません。

正直な整体は、ズレていない「骨盤」を曲がっていると言って不必要な「骨盤矯正」をすすめることはありません。

ほとんどの人達は、出産後「骨盤矯正」は必要としないことを知っておきましょう。

患者を不安にさせるトークをする治療院は要注意!

骨盤の歪みをそのままにすると「下半身太りになる」「太りやすくなる」「体形が崩れる」など必要以上に出産後のの骨盤矯正を奨める治療院は一度考えてからにしてみて下さい。

出産後に「体形が崩れる、太ったり」のは骨盤がズレたのが原因なのでしょうか?このようなことの原因の大多数は骨盤ではなく生活習慣です。

出産して習慣が変化すると、体重が増えたりして体形が変化することは珍しいことではありません。

しかし産後「骨盤矯正」を宣伝する整体やエステの治療院は、産後の体の変化をすべて骨盤のズレのせいにして、「「骨盤矯正」をすれば体形をもどせます」と宣伝をするのです。

体形の変化の原因が骨盤の歪みであれば、骨盤のズレを整えるだけで体形の変化をもどすことができるはずですが、「骨盤矯正」だけで体が元どうりに戻る方は少数です。

その為、ダイエットサプリやストレッチなどの運動も一緒にさせようとする治療院がおおく、「骨盤矯正」では体形は元にもどせないと証明しているのと同じことです。

「骨盤矯正」に過度の期待をするのは大きな間違いです。

騙そうとするエステや治療院には気を付けて下さい。

浜松市東区、産後の骨盤矯正、整体