鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」豕・ 鬪ィ逶、繧呈紛縺医k

浜松市中区、骨盤矯正

骨盤矯正と整体

「骨盤矯正」

最近では骨盤矯正というのをテレビや週刊誌やネットで見かけることが多くなってきました。

骨盤矯正」はなんなのか解っている方達は多くない。

「骨盤矯正」はどんなものなのか解説してみます。

骨盤矯正のことを理解して間違いの無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、左右一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨の先っぽに付いている尾骨からなっています。

整形外科などの病院の治療はふつう骨盤の治療はなされません。

なぜでしょうか?整形外科では骨盤は歪まないと思われていて骨盤が日常生活で歪み、それが身体の不調の原因になることは無いと考えているからなのです。

(だがある一部の病院では骨盤の修正を独自に行っている整形外科もわずかですがある)。

例外としては、交通事故や高い所から落下したときのように大きな負荷が骨盤にかかり「骨盤」の関節が大きくズレたとき(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元の状態に戻すように骨盤を施術することがある。

この場合、外科手術で骨盤の施術をおこなうことが多い。

また産婦人科では、出産後に骨盤の関節の歪みを修正するように「骨盤」を閉めつけて固定する骨盤ベルトのような装具を奨める病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

病院などの一般の医療では骨盤は歪まないとされており「整体」などの手技療法では骨盤は歪むといわれていていったいどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそんな考え方の違いがでるのかを説明してみます。

まずは、整体でいう「骨盤」が歪むというのは整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼のようにレントゲン写真などの画像診断でわかるようなひどい歪みは扱うことはありません。

病院では?

整形外科などの医療ではレントゲン写真などの画像で見て分からない程度のズレは痛みなど身体の不調の原因になることは無いと考えています。

他にも「骨盤」の動きは微妙で例外的に出産時に可動するくらい。

中年以降は腸骨と仙骨はほぼくっついてしまう為、骨盤は普通可動することはないと考えらているようです。

整体の骨盤矯正

手技療法でおこなわれている「骨盤矯正」は、普段の治療で骨盤のすこしのズレを調整することで患者の症状がよくなるのを体験しています。

現実に骨盤の関節の周辺には神経、筋肉、靱帯、があり少しのひずみでも筋肉、神経、靱帯を充分刺激する。

レントゲンやMRIのような画像診断で歪みが見られなくても骨盤が歪んでいて、それを治療する必要があると「整体」で考えるのはこのためです。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

歪んだ「骨盤」は、様々な不調を身体にもたらします。

骨盤がひずむと骨盤に乗る脊椎がズレます。

脊椎がひずむと脊椎の中の神経や血管、肉体を支える靱帯や筋肉、全身に酸素や栄養を送る血管などに負担がかかります。

これらは、それも全て肉体にとって凄く重要なものでどれか一つが侵されても身体に異常が起こるようになります。

骨盤が原因の神経圧迫

脊椎がズレると背骨から出る神経機能が狂います。

内臓諸器官の異常や運動器官の異常など肉体の様々な部分が神経でコントロールされているので、これら全ての肉体の異常に関係してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

ズレた身体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に大きな負荷がかかるため、慢性的な凝りや痛みなどの要因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

身体の曲がりによって血管などを圧迫すつことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因なってしまう。

整体で行う骨盤矯正

民間療法などの「整体」の「骨盤矯正」では多くの場合手技によっておこなわれます。

矯正器具や矯正ベッドを使うこともありますが、一般には手技でします。

また、骨盤ベルトのような「骨盤」を締め付けるような道具も使う事もあります。

一般的に修正の痛みは伴わないのが普通なのですが、中にはとても強い力で無理やり治療を、もちいる整体師もいます。

正常な骨盤の場合は、「骨盤」の関節の可動性はとても狭く大きく動くことは無い。

このわずかな動きを治療により可動させるので基本的に強い力を必要とすることはないのです。

現実の整体の骨盤矯正

骨盤の仙腸関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、靱帯や筋肉などの柔らかさのゆるす範囲でしか骨盤の仙腸関節は動くことはできない。

「「骨盤」が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、テレビ、ネット、雑誌で見ますが、騙されないで下さい。

骨盤にどんなに力を加えても見た目で分かるだけの変化はしません。

こんな広告をする整体では骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えて修正します。

強い力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと思う人達もいるようですが、目に見えて分かるほど動いた場合は骨盤の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を破壊してしまいます。

治療した後に変化したと感じる方達もいるようですが、勘違いのようなもので変ったような気がしているだけです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で違いが分かるほど可動していることはありません。

仮に目に見えて違いが分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、仙腸関節の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、関節の痛みが発生するはずです。

産後の骨盤矯正は例外?

例外的に骨盤が通常以上に動くことがある。

それは、出産時です。

出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるみ骨盤が、広がるように可動しやすくなったりします。

出産の時には恥骨間が2㎝くらい開きますが、出産の時以外では骨盤の恥骨の関節はこのような柔軟性はありません。

出産時でも決して大きく動かない「骨盤」が眼で見て分かるほど調整で大きく可動することは無い。

歯の矯正のように数年にわたって力を加えるようなコルセットなどを使えばすこしずつですが動かしていくことはできるでしょうが現実的に無理だと思います。

あなたも骨盤矯正しよう!

「整体」でおこなう「骨盤矯正」は体形を変化させるものでなく肉体をバランスの整った理想的な状態に戻すことが目的です。

骨盤の仙腸関節は、ちょっとの歪みでも痛みなどを発することがありますし、骨盤の微妙な歪みが肉体全体を歪ませ健康に大きな影響を与えます。

「骨盤」を治して身体をバランスがとれた良い状態に保持することで健康を保ち凝りや痛みを改善します。

もし骨盤がズレていると思ったら「骨盤矯正」をやってみるのもいいと思います。

骨盤は、身体の土台です。

「骨盤」が歪めば背骨が傾ていしまいます。

健康な体は姿勢から!「整体」矯正はとても効果的な手助けになります。

浜松市西区、骨盤矯正

繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ィ鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

浜松市、骨盤矯正、カイロプラクティック

カイロプラクティックと骨盤矯正

骨盤矯正

近頃は「骨盤矯正」と言うものをネットや週刊誌やテレビで見ることが増えてきました。

骨盤矯正」とは、どんなものなのか解っている人は多くない。

骨盤矯正はどのようなものか説明していきます。

骨盤矯正のことを理解して間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は一対の腸骨とその中間にある仙骨、それに仙骨の先っぽにつながる尾骨からなっています。

外科などの病院の治療では一般的に骨盤の調整はおこないません。

なぜか?普通の整形外科では骨盤は歪まないと考えていて「骨盤」が普段の生活で歪み、それが体の不調の要因になってしまうことはありえないと考えているからです。

(だが一部の病院では骨盤の調整を独自のやり方でやっている病院もすくなからずある)。

例外として、交通事故や高い所から落下した場合のように大きな負荷が骨盤にかかり骨盤の関節が大きく歪んだ場合(骨盤の関節の脱臼、捻挫みたいな状態)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を矯正する場合があります。

この場合、手術によって骨盤の調整をされることが多いみたいです。

また産婦人科では、産後に骨盤の関節の緩みを調整するように骨盤を絞めて安定させる骨盤ベルトのような装具をすすめる病院が増えてます。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

病院などの一般の医療では骨盤は歪まないとされカイロプラクティックなどの民間療法では骨盤は歪むと考えていていったいどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそんな考え方の違いが出るのかを説明してみようと思います。

まず、「カイロプラクティック」でいう「骨盤」がズレると言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲンなどの画像でわかるような大きな歪みは扱うことはありません。

病院では?

婦人科などの一般医療では、レントゲンなどの画像診断で見ることのできない程度の歪みは痛みなど身体の不調の原因にはならないと考えます。

これ以外にも骨盤の可動性は微妙で例外的に出産時に動く程度。

中年くらいになると仙骨と腸骨はくっついてしまうので骨盤は通常可動域は無いと思っているみたいです。

カイロプラクティックの骨盤矯正

手技療法などで行われている「骨盤矯正」は、普段の施術で骨盤の少しの歪みを施術した直後に患者の症状が改善されるのを経験しています。

事実骨盤の骨盤の周辺には筋肉、靱帯、神経が存在して少しの歪みでも筋肉、靱帯、神経を刺激してしまいます。

レントゲン写真のような画像で歪みが認められなくても骨盤がズレていてそのズレを修正する必要があると「カイロプラクティック」で言うのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

歪んだ骨盤は、さまざまな異常などを体にもたらします。

「骨盤」がズレると骨盤に乗る背骨がひずみます。

脊椎がズレると脊椎の中を通っている神経や、骨格を保筋肉や靱帯、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管などに負荷がかかりこれらは、どれをとっても体にとって凄く重要なものでどれが障害されても身体に異常が起きてきます。

骨盤が原因の体調不良

脊椎が歪むと背骨から出ている神経の伝達が障害されます。

内臓の障害や運動器官の異常など体の様々な部分が神経の命令でコントロールされているので、全ての身体の異常に関係してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

ひずんだ身体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負担がかかるため、慢性の凝りや痛みの要因になったり、運動能力の低下などももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

体の曲がりによって血管などを圧迫されることで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの原因になります。

カイロプラクティックによる骨盤矯正

民間療法などのカイロプラクティックの「骨盤矯正」は、おおくの場合手によって行われます。

矯正器具や矯正ベッドなど使う場合もあるが、一般には手でするようです。

また、骨盤ベルトのような骨盤を締め付けるような道具ももちいる事もあるようです。

一般的に調整の痛みは伴わないのが普通のようですが、中には凄く強い力で無理やり調整をする方法をもちいる施術師もいる。

正常な骨盤の場合、骨盤の関節の可動域はすごく狭く大きく動くことは無い。

この微妙な可動域を矯正で可動させるので普通強い力を使うことはないのです。

カイロプラクティックで行う骨盤矯正

骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、靱帯や筋肉の柔らかさの許す範囲でしか骨盤の関節は動くことはできないのです。

骨盤が広がっているから「骨盤」を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、テレビ、雑誌、ネットなどで見られますが、騙されないで下さい。

骨盤にどれだけ力をかけても見た目で分かるほどの変化はしない。

このような宣伝をする「カイロプラクティック」では骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えて施術します。

大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと考える人もいますが、目に見えて分かるほど可動した場合は骨盤の仙腸関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を壊してしまいます。

治療前と治療後で変化したと思う人もいるみたいですが勘違いみたいなもので変ったような感じがしているだけなんです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど動いていることはありません。

仮に目に見えて違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、仙骨と腸骨の関節の間の痛みが出現しているはずです。

産後の骨盤矯正

例外的に骨盤が普通異常に動く場合があります。

それは出産時です。

出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるみ骨盤が、開くように可動しやすくなります。

出産の時には恥骨間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では骨盤の仙腸関節は柔軟性はない。

出産時でもそんなに大きく広がらない「骨盤」が見た目で分かるほど治療で大きく動くことはない。

歯列矯正のように数年にわたって常に力を加え続けるようなコルセットなどを使えば少しずつですが動かしていくことはできるでしょうが現実的に無理だと思います。

あなたも骨盤矯正しよう!

カイロプラクティックで行われている骨盤矯正は、体形を変えるようなものではなく体をバランスの整った健康な状態に整えることが目的です。

骨盤の仙腸関節は、小さな歪みでも痛みなどを発することがあるし、「骨盤」の微妙な歪みが身体全体を歪ませ健康に影響を与えます。

骨盤を修正して体をバランスのとれた理想的な状態に保つことで、健康を保って凝りや痛みを治します。

もしも骨盤が曲がっていると思うのであれば、骨盤矯正をしてみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は、体の土台です。

骨盤が傾けば背骨が傾ていしまいます。

健康な体は姿勢から!「カイロプラクティック」矯正はとっても効果的な手助けになる。

浜松市南区、カイロプラクティック

鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

浜松市、骨盤矯正、カイロプラクティック

カイロプラクティックと骨盤矯正

骨盤矯正

最近骨盤矯正と言うのを週刊誌やテレビで見ることが多くなりました。

骨盤矯正」とは、どのようなものなのか解っている人は少数です。

骨盤矯正」はなんなのか解説していきます。

骨盤矯正」のことを知って、間違いの無い「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それに仙骨(せんこつ)の先につながる尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療では一般に骨盤の矯正はしません。

なぜでしょうか?整形外科では骨盤はズレないと考えられていて、骨盤がふんだんの生活でズレてそれが身体の不調の原因になるようなことは無いと思っているからです。

(だがしかし一部の病院では骨盤の調整を独自に行っている病院も少ないながらもあります)。

例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりした場合のように強烈な力が骨盤にかかり骨盤の関節が大きくズレたとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫みたいな状態)、元の状態に戻すように骨盤を修正することがある。

この場合、手術のようなかたちで「骨盤」の施術をされることが多いみたいです。

また婦人科では、産後に骨盤の関節の歪みを改善するように骨盤を締め付けて固定するベルトのようなものをすすめる病院が増えてます。

骨盤はズレるのか?

一般的な医療では骨盤はズレないとされており「カイロプラクティック」などの手技療法では骨盤はズレると考えられていてどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそんな考え方の違いが出るのかを解説してみます。

まずは、カイロプラクティックでいう骨盤がズレると言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲンなどの画像診断でわかるような大きな歪みは扱いません。

病院では?

産婦人科などの医療ではレントゲンなどの画像で見ることのできないくらいの歪みは痛みなどの身体の不調の要因になることは無いと考えています。

それ以外にも骨盤の動きは微妙で例外的に出産時に動く程度。

中年くらいになると腸骨と仙骨はほぼ癒着してしまうので骨盤は通常可動することはないと考えらているようです。

カイロプラクティックの骨盤矯正

カイロプラクティックなどで行う「骨盤矯正」は、日頃から骨盤のほんの少しのズレを矯正した直後に患部の症状が良くなるのを体験します。

実際骨盤の仙腸関節の周りには筋肉、神経、靱帯などが存在し微妙な歪みでも筋肉、靱帯、神経を充分刺激してしまいます。

レントゲンなどの画像でひずみが写らなくても骨盤がひずんでいてそのひずみを治療する必要があると「カイロプラクティック」で言うのはこの為です。

様々な痛みは骨盤の歪みが原因?

ひずんだ骨盤は、さまざまな不調を体にもたらします。

「骨盤」がズレると「骨盤」に乗る脊椎が湾曲します。

背骨が歪むと脊椎の中に入っている血管や神経、身体を支える靱帯や筋肉、全身に酸素や栄養を送る血管に大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても身体にとってとても重要なもので、どれか一つが侵されても肉体に異常が起きます。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫

脊椎が湾曲すると脊椎から出ている神経の伝達が障害されます。

内臓諸器官の障害や運動器官の異常など身体の様々な部分が神経の命令で操られているのでこれら全ての身体の異常に関わってきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

ひずんだ肉体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に大きな負荷がかかるため、慢性の凝りや痛みの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良

肉体の歪みによって血管などを圧迫してしまうことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

カイロプラクティックでおこなう骨盤矯正

手技療法による「カイロプラクティック」骨盤矯正では、主に手によってされます。

矯正器具や矯正ベッドを使用することもあるが、一般には手技でします。

また、ベルトのような骨盤を締め付けるような器具も使用する事もあるようです。

一般に治療の痛みは伴わないのが普通なのですが、その中には強い力で無理に施術をする方法をもちいる治療師もいます。

正常な「骨盤」の場合、骨盤の関節の動きはすごく狭く大きく動くことは無い。

この少ない動きを修正によって動かすので、通常は強い力を必要とすることはないのです。

カイロプラクティックでおこなっている骨盤矯正

骨盤の関節は筋肉や靱帯でつながっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさのゆるす範囲でしか骨盤の関節は動くことはできない。

骨盤が広がっているから「骨盤」を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、ネット、テレビ、雑誌などで見ますが、騙されないで下さい。

「骨盤」にどれほど力を加えても眼で見て分かるほどの変化はしない。

こんな広告をする「カイロプラクティック」は、骨盤の上に乗るなど強い力を加えて修正します。

すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと思う人達もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど可動したときは骨盤の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を破壊してしまいます。

治療した後に変わったと感じる方もいるみたいですが気のせいみたいなもので変ったような感じがしているだけなんです。

骨盤の仙腸関節に損傷がなければ骨盤が目に見えて変化が自覚できるほど可動していることはない。

仮に見た目で動きが分かるほど「骨盤」が可動したのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の筋肉や靱帯は損傷しているはずであり、関節の強い痛みが出現しているはずです。

骨盤矯正の例外!産後の骨盤矯正

例外的に骨盤が、通常以上に可動する場合がある。

それは、出産する時です。

出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩み骨盤が、広がるように動きやすくなっていきます。

出産時には恥骨間が2㎝ほど開きますが、出産の時以外では骨盤の関節はこのような柔軟性は無い。

出産時でもそんなに大きく広がらない骨盤が見た目で分かるほど治療で大きく可動することはありません。

歯の矯正のように何年か常に力を加え続けるようなベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していく事は可能でよしょうが現実では無理だと思います。

骨盤の矯正をしてみよう!

「カイロプラクティック」で行われている「骨盤矯正」は体形などを変化させるものでなく身体をバランスのとれた健康な状態に整えることが目的なんです。

骨盤の腸骨と仙骨の関節が小さなひずみでも痛みなどを発することがあるし、骨盤のちょっとの歪みを体全体をひずませ健康などに影響を与えます。

骨盤を整え身体をバランスがとれたいい状態に戻すことで健康を保って凝りや痛みを改善します。

もし骨盤が歪んでいるとおもったら骨盤矯正を受けてみるのもいいとおもいます。

骨盤は、肉体の土台です。

骨盤が傾けば身体全体が傾ていしまいます。

健康な体は正しい姿勢かた¥ら!「カイロプラクティック」の治療法はとっても有効な助けになります。

磐田市、骨盤矯正、カイロプラクティック

鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ閻ー逞・ 閻ー逞帶イサ逋ゅ→鬪ィ逶、遏ッ豁」

磐田市、腰痛、整体

腰痛の治療と整体

腰痛と整体

「腰痛」は、腰部の痛みや炎症などを症ずることをいいます。

大多数の「腰痛」は、おおよそ発症からだいたい数週間以内に治ります。

しかし、大多数の腰痛は、痛みを何回も繰り返しそのうちの何%かは運動能力に大きな支障をもたらす重い状況になったりします。

腰痛は大きく分けて急性の腰痛と慢性腰痛に分けられます。

急性腰痛は、急に痛くなるようなギックリ腰を含めて痛みが出てからたいして時間の経ってない腰痛です。

慢性腰痛は長期間痛みなどの不快な状態が腰の部分に続く腰痛で症状の消失と発現を何度も繰り返しながら長い期間続く場合もある。

一生のうちで80%ほどの人達が、一度は腰痛を経験すると言われています。

腰痛のタイプ

腰痛は急性の腰痛と慢性腰痛という痛みがでてからの日数で分類されるだけでなくもちろん要因によっても分類できます。

症状による腰痛の分類には、急性腰痛症腰部椎間板症、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、感染性脊椎炎、腰椎圧迫骨折、心因性腰痛、腫瘍(癌)、などあります。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)のような「腰痛」は、老人には珍しくない「腰痛」で、MRI撮影などすると、おおくの場合高齢の人に認められますが、これらの腰の病変は老人の腰痛の要因ではないという話もあります。

これは、手術によってこれらの要因を取り除いても、「腰痛」が消失しないことが多い為です。

緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は筋肉や筋膜に過剰な負荷が加えられることによって筋肉などが、緊張することであらわれる「腰痛」です。

慢性腰痛は、「腰痛」が3ヶ月以上継続する場合の「腰痛」です。

原因がはっきりしない「腰痛」もたくさんあって不安やストレスが原因の心理的な「腰痛」ではないかと思われる。

急性腰痛悪化させて慢性の腰痛になることもあるようです。

その他の腰痛

腰痛はとても危険な病変が隠れていることもあり緊急性があり致死性の高い病変もある。

緊急性があり死ぬ可能性のとても高い「腰痛」の要因に大動脈解離腹部大動脈瘤、腎梗塞、急性膵炎、などがあります。

特に注意を要する腰痛は腹部感染症、脊椎感染症、悪性腫瘍、などがある。

腰痛」の要因になるこれらの病気に関しては、原因である病気を治療しないかぎり腰痛がよくなることはありません。

腰痛症状の他にも症状がある人達は、腰痛以外の病気が隠れているか確かめてみることが必要になります。

たんなる腰痛と思っていると命取りにもなりかねません。

腰痛の中には、命に係わる怖い「腰痛」もあるということをわかっておく必要があります。

非特異的腰痛の要因

精神的要因(ストレス、不安など)、肥満、妊娠、運動不足、年齢、腰い負担おかかる職業、など。

精神的要因による腰痛は、原因が解らない「腰痛」などに関して多く使用されます。

しかし、レントゲンやMRIに原因が写らないといって精神的な要因だと言うのは違います。

MRIやレントゲンにすべての原因が写し出されることはなく、逆にMRIやレントゲンに写し出されない原因の方がずっと多いことからも、心因性の腰痛だと診断されたからと言って肉体的な原因がないと楽観視することはできない。

腰痛の治療と整体

腰痛の治療方法にはさまざまな方法が使われます。

これは「腰痛」の要因がさまざまあるということだけでなく、根本的な方法がないことです。

一般に鎮痛剤や湿布や注射など薬などを使用する治療と、姿勢の改善、ストレッチや筋力トレーニング、などの運動療法。

コルセットやテーピング。

温熱療法や電気治療。

鍼治療やマッサージ。

様々な方法が腰痛治療で用いられますが、中でもとても効き目があるといわれるのが整体のような骨格矯正です。

整体は、背骨や骨盤などの身体のバランスを改善することで「腰痛」を治療します。

骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の主な原因になる。

「整体」は腰痛の要因になる背骨や骨盤を整えます。

腰痛の整体の施術

整体」の腰痛治療は一般的にぼきぼき骨を鳴らすのをイメージすることが多いのではないですか?基本的には急性の腰痛(ぎっくり腰)には、このようなボキボキする治療を整体ですることはありません。

また、急性の腰痛に対してぼきぼきするような矯正をする「整体」には注意したほうがいいでしょう。

「ぎっくり腰」のような急性腰痛にたいして整体ではぼきぼきしない矯正方法で脊椎や骨盤の修正をします。

「整体」にもやさしい施術が用いられます。

慢性の腰痛に対しては整体の矯正にもよるがボキッっとする施術をする場合もある。

整体は、ぼきぼきする方法やボキボキしない矯正法に関わらず背骨や骨盤を治療する為とても効果が高いので腰痛で困っているなら一回整体の修正を試してみることをお奨めします。

磐田市、腰痛、整体

閻ー逞帙r謾ケ蝟・☆繧・ 閻ー逞帙・謾ケ蝟・€∵紛菴・ 閻ー逞帙・謾ケ蝟・→謨エ菴・ 謨エ菴薙€∬・逞帙・謾ケ蝟・ 謨エ菴薙→閻ー逞帙・謾ケ蝟・ 閻ー逞帶隼蝟・ 閻ー逞帶隼蝟・€∵紛菴・ 閻ー逞帶隼蝟・→謨エ菴・ 謨エ菴薙€∬・逞帶隼蝟・ 謨エ菴薙→閻ー逞帶隼蝟・ 閻ー逞帙・豐サ逋よウ・ 閻ー逞帙・豐サ逋よウ輔€∵紛菴・ 閻ー逞帙・豐サ逋よウ輔→謨エ菴・ 謨エ菴薙€∬・逞帙・豐サ逋よウ・ 謨エ菴薙→閻ー逞帙・豐サ逋よウ・ 閻ー逞帙→鬪ィ逶、遏ッ豁」

腰痛、整体

腰痛を治す整体の矯正

腰痛と整体

腰痛」は腰の炎症や痛みを感じることを言います。

大多数の「腰痛」は、だいたい傷めてから数週間以内に症状が軽減します。

しかし、大半の「腰痛」は痛みを繰り返し、そのうち何割かは生活に重大な支障をきたす重大な状況になってしまいます。

腰痛」は大きく分けると急性の腰痛と慢性腰痛に分けられます。

急性腰痛は、突如痛くなる、「ギックリ腰」を含めて痛みが出てあまり時間の経ってないものです。

慢性の腰痛は、長い期間痛みや不快な症状が腰の部分に続く「腰痛」で、痛みなどの症状の軽減と発病を繰り返しながら長い期間続く場合もあります。

一生のうちで80%くらいの方達が、一回は、「腰痛」を体験すると言われている。

腰痛のタイプ

「腰痛」は急性腰痛と慢性腰痛という痛みが出てからの期間で分けられるだけでなく、もちろん原因によっても分類される。

症状による「腰痛」の種類には、急性腰痛症腰部椎間板症、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、感染性脊椎炎、腰椎圧迫骨折、心因性腰痛、腫瘍(癌)、がある。

腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のような腰痛は、老人には普通にみられる「腰痛」でレントゲンやMRIなどすると、おおくのばあい老人に見られますが、これらの腰の病変は高齢の人の「腰痛」の原因ではないという話もあります。

これは、手術によって腰痛の要因を取り去っても「腰痛」が消失しないことが多いためです。

緊張性の腰痛(筋筋膜性腰痛)は筋肉や筋膜などに過度な負荷が加わることで、筋肉や筋膜などが収縮することによって発現する腰痛である。

慢性の腰痛は「腰痛」が3ヶ月以上続く長期の「腰痛」です。

原因が解らない「腰痛」も沢山あり不安やストレスが原因の心因性の「腰痛」ではないかとも言われています。

急性腰痛をこじらせて慢性腰痛になることもあります。

他の腰痛

「腰痛」は、とても大変な病気が潜んでいることもあり、緊急性が高く死ぬ可能性のすごく高い病気もある。

緊急性があり致死性のすごく高い腰痛の原因に大動脈解離腹部大動脈瘤腎梗塞急性膵炎、などがあります。

とくに注意を要する「腰痛」は、脊椎感染症、悪性腫瘍、腹部感染症、などがあります。

腰痛」の要因になるこれらの病に対しては、要因である病変を取り除かないかぎり「腰痛」が改善することはありません。

腰痛症状の他にも症状がある人は、他の疾病が隠れているか検査してみることが重要になる。

普通の腰痛と思っていると命取りにもなりかねません。

「腰痛」の中には命に係わる怖い「腰痛」もあるということをわかっておきましょう。

非特異的腰痛の要因

精神的な要因(不安、ストレス)、妊娠、肥満、運動不足、年齢、腰い負担おかかる職業、など。

精神的要因による「腰痛」は、要因が分からない「腰痛」に関して多く用いられます。

しかし、レントゲンやMRIなどに原因らしいものが写らないと言って精神的要因だと言うのは間違いです。

MRIやレントゲンに全ての原因が写ることはなく、逆にレントゲンやMRIに写し出されない原因の方がずっと多いことからも、心因性だと判断されたからといって身体的な原因が無いと楽観視することはできない。

腰痛治療と整体

「腰痛」の治療方法は様々な方法が用いられます。

これは腰痛の原因がいろいろあるというだけでなく、決定的な治療がないことです。

一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬などを使用する治療法と、ストレッチや筋力トレーニング、姿勢の改善などの運動療法。

テーピングやコルセット。

電気治療や温熱療法。

鍼治療やマッサージ。

様々な治療法が腰痛治療で使われますが、中でもとても効き目があると言われているのが、「整体」のような骨格矯正です。

整体は、脊椎や骨盤などの体のバランスを改善することで腰痛を治療します。

骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の主要な要因になります。

整体」は腰痛の要因になる脊椎や骨盤を調整します。

整体の腰痛の矯正

整体の腰痛治療は、普通ボキッって音を鳴らすのをイメージする人がおおいのではないでしょうか?基本的には急性腰痛(ぎっくり腰)には、このようなボキッてする施術を「整体」ですることはありません。

また、急性腰痛に対してボキボキするような治療をする「整体」には注意したほうがいいでしょう。

急性腰痛(ぎっくり腰)に対して整体はボキボキしない矯正で背骨骨盤の治療をします。

整体にもソフトな矯正方法が使用されます。

慢性の腰痛に関しては、「整体」の治療にもよりますがボキッってする修正をすることもあります。

「整体」は、ボキボキする方法やボキボキしない治療に関係なく背骨や骨盤を治療するためすごく効果が高いので、「腰痛」で困っているのでしたら一度「整体」の矯正を受けてみることをお奨めします。

浜松市中区、腰痛、整体

繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ィ閻ー逞帙・豐サ縺玲婿

浜松市中区、腰痛

腰痛を改善する整体

腰痛の治療と整体

腰痛とは、腰部の痛みや炎症などを症ずる状況を指します。

大半の「腰痛」は、だいたい発現からだいたい数週間以内に改善されます。

しかし、おおくの腰痛は傷めることを何回も繰り返しそのうちの何パーセントかは日常生活に大きな支障をきたす重い状態になったりします。

「腰痛」は大きく分類すると急性の腰痛と慢性の腰痛に分けられます。

急性腰痛は突如痛くなるような「ギックリ腰」を含めて痛みが出てあんまり時間の経ってない腰痛です。

慢性の腰痛は、長期間痛みや不快な状態が腰に続く腰痛で、症状の消失と発現を繰り返しながら長い間継続する場合もある。

人生で80%くらいの人が、一度は、腰痛を経験するといわれています。

腰痛の種類

腰痛は急性の腰痛と慢性の腰痛という痛みがでてからの日数で分けられるだけではなく、当然のこと症状によっても分類される。

原因による「腰痛」の種類には、急性腰痛症腰部椎間板症、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、感染性脊椎炎、腰椎圧迫骨折、腫瘍(ガン)、心因性腰痛、がある。

腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などの「腰痛」は、高齢の方には珍しくない腰痛でMRIなどの画像診断をすると多くの場合老人に認められますが、これらの腰の病変は高齢の方の「腰痛」の原因ではないという話もあるようです。

これは、手術によってこれらの原因を取り去っても「腰痛」が治らないことが多いためです。

緊張性の腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は筋肉や筋膜などに過大なストレスが加えられることによって筋膜や筋肉が緊張することで現れる腰痛になります。

慢性腰痛は、「腰痛」が、3ヶ月以上つづく場合の「腰痛」です。

要因が解らない「腰痛」もおおく不安やストレスなどが要因の心因性の「腰痛」ではないかと思われている。

急性の腰痛を長引かせて慢性の腰痛になることもあるようです。

その他の腰痛

腰痛」には、とても重大な病気が隠れている場合もあり緊急性が高く死亡率のある病変もある。

緊急性があり、死亡率のとても高い「腰痛」の要因に腹部大動脈瘤、大動脈解離、腎梗塞、急性膵炎、などがあります。

特に注意しなければならない腰痛は、腹部感染症、脊椎感染症、悪性腫瘍、がある。

腰痛の要因になるこのような病気に対しては原因である疾病を治療しないかぎり腰痛が改善することはない。

腰痛症状以外に症状がある人達は、他の疾病が潜んでいないか確かめてみることが重要になります。

普通の腰痛と思っていると命取りにもなりかねません。

「腰痛」の中には、命を脅かす怖い腰痛もあるということを分かっておくといいでしょう。

非特異的腰痛の要因

精神的要因(不安、ストレス)、妊娠、肥満、運動不足、年齢、腰い負担おかかる職業、など。

精神的要因による「腰痛」は、要因が解らない腰痛などに対して多く使用されます。

しかし、レントゲンやMRIに要因らしいものが写らないと言って精神的な要因だというのは違っています。

レントゲンやMRIに全部の要因が写し出されることは無く、逆にMRIやレントゲンに写し出されない要因の方がずっと多いことからも、心因性腰痛だと判断されたからと言って肉体的な原因がないと楽観視することはできません。

カイロプラクティックと腰痛

「腰痛」の治療は、いろいろな治療法が用いられます。

これは「腰痛」の要因がさまざまあるというだけでなく、決定的な治療がないということです。

一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬物を使用する治療法と、筋力トレーニング、姿勢の改善、ストレッチなどの運動療法。

コルセットやテーピング。

温熱療法や電気治療。

マッサージや鍼治療。

いろいろな方法が腰痛治療で使われますが、中でもとても効き目があると言われているのが、カイロプラクティックのような骨格矯正です。

カイロプラクティック」は、背骨や骨盤など骨を調整することで「腰痛」を改善します。

骨盤の歪みや背骨の歪みが腰痛の重要な原因になります。

カイロプラクティックは「腰痛」の原因になる背骨や骨盤を修正します。

カイロプラクティックの治療

「カイロプラクティック」の腰痛治療は普通ボキボキ骨を鳴らすのをイメージする場合がほとんどではないですか?基本的には、「ぎっくり腰」のような急性腰痛などには、そのようなボキッてする施術をカイロプラクティックで行うことはない。

また、急性腰痛に対してぼきぼきするような矯正をするカイロプラクティックは注意した方がいいかもしれません。

「ぎっくり腰」のような急性腰痛にたいして「カイロプラクティック」はボキボキしない施術で脊椎や骨盤の修正を行います。

カイロプラクティックにもソフトな矯正法があるのです。

慢性の腰痛にたいしては「カイロプラクティック」の矯正にもよるがボキッっとする矯正をする場合もある。

「カイロプラクティック」は、ボキボキする方法やボキボキしない施術法に関わらず脊椎骨盤を矯正する為すごく効き目が高いので、腰痛で困っているのでしたら一回カイロプラクティックの調整を試してみることをおススメします。

磐田市、腰痛

閻ー逞帙・豐サ縺玲婿縲√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

浜松市、カイロプラクティック

腰痛の治療と整体の施術

腰痛の治療と整体

「腰痛」は腰の部分の痛みや炎症などを感じる状態をいいます。

ほとんどの「腰痛」は、たいてい発現から数週間以内に治ります。

しかしおおくの腰痛は、傷めることを何回も繰り返しそのうちの何パーセントかは生活に大きな支障をきたす重い状態になったりします。

腰痛は、大まかに分けて急性の腰痛と慢性腰痛に分けられます。

急性の腰痛は、突然痛くなる、ギックリ腰を含めて症状がでてあまり時間の経過していないものです。

慢性の腰痛は、長期間痛みなどの不快な症状が腰に続く「腰痛」で痛みなどの症状の消失と発病を何度も繰り返しながら長い間続く場合もある。

一生で80パーセントくらいの方が一度は、「腰痛」を発症すると言われている。

腰痛の分け方

「腰痛」は急性の腰痛と慢性腰痛という発症してからの期間で分けられるだけではなく、当然要因によっても分類される。

原因による「腰痛」の種類には、急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰部椎間板症、腰部椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、感染性脊椎炎、腰椎圧迫骨折、腫瘍(ガン)、心因性腰痛、などがあります。

腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症みたいな「腰痛」は、高齢の方には珍しくない「腰痛」でMRI撮影などすると多くの場合高齢の人に認められますが、これらの腰の病変は高齢者の腰痛の要因ではないという話もあるようです。

これは、手術によって腰痛の病変を取り去っても「腰痛」が消失しないことが多い為である。

緊張性の腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)は、筋肉や筋膜に過剰な負担が掛かることで、筋肉が収縮することによって発症する「腰痛」である。

慢性腰痛は、腰痛が3ヶ月以上続く長期の「腰痛」です。

原因がわからない「腰痛」もたくさんあってストレスや不安が原因の心因性の「腰痛」ではないかとも思われる。

急性の腰痛を悪化させて慢性腰痛に変化することもあるのです。

その他の腰痛

「腰痛」にはとても大きな病が潜んでいる事もあり、緊急性があり、死ぬ可能性のある疾患もあります。

緊急性が高く死亡率のすごく高い「腰痛」の要因に腹部大動脈瘤大動脈解離、急性膵炎、腎梗塞、などあります。

とくに注意しなければならない「腰痛」は腹部感染症、脊椎感染症、悪性腫瘍、があります。

腰痛」の原因になるこれらの病気に対しては原因である病を治さないかぎり「腰痛」が改善することはない。

腰痛以外に症状がある場合は、他の病があるかどうか検査してみることが重要になる。

ただの腰痛だと油断していると、命取りにもなりかねません。

腰痛の種類によっては、命取りになる怖い腰痛もあることを解っておきましょう。

非特異的腰痛

精神的な要因(ストレス、不安など)、肥満、妊娠、年齢、腰い負担おかかる職業、運動不足、など。

精神的要因による腰痛は、要因がつかめない「腰痛」に関しておおく用いられます。

しかし、レントゲンやMRIに要因が写らなかったからといって精神的な要因というのは間違っています。

MRIやレントゲンに全ての要因が写ることはなく、反対にMRIやレントゲンに写しだせない原因の方がはるかにおおいことからも心因性だと診断されたからと言って肉体的な要因がないと楽観視することはできない。

腰痛の治療とカイロプラクティック

腰痛の治療にはさまざまな治療が使われる。

これは腰痛の要因がいろいろあるというだけでなく、決定的な治療法がないことです。

一般的に鎮痛剤や湿布や注射など薬を使用する治療法と、ストレッチや筋力トレーニング、姿勢の改善などの運動療法。

テーピングやコルセット。

電気治療や温熱療法。

マッサージや鍼治療。

色ろな方法が腰痛治療で用いられますが、その中でもすごく効果的だといわれているのがカイロプラクティックなどの骨格矯正です。

「カイロプラクティック」は、背骨や骨盤などの骨を調整することで「腰痛」を治療します。

背骨の歪みや骨盤の歪みが腰痛の重要な要因になる。

カイロプラクティックは「腰痛」の要因になる背骨や骨盤を整えます。

カイロプラクティックの腰痛の施術方法

「カイロプラクティック」腰痛治療はふつうボキボキ音を鳴らすのをイメージする人達がほとんどではないでしょうか?基本的に急性腰痛(ぎっくり腰)などには、このようなボキッっとする方法を「カイロプラクティック」ですることはない。

また急性腰痛に対してぼきぼきするような矯正をする「カイロプラクティック」には注意した方がいいでしょう。

「ぎっくり腰」のような急性の腰痛にたいしてカイロプラクティックは、ボキボキしない施術で背骨や骨盤の矯正をします。

カイロプラクティックにもやわらかい施術方法が用いられます。

慢性腰痛に対してはカイロプラクティックの施術にもよるがボキボキする矯正をする場合もあります。

カイロプラクティックは、ボキッってするやり方やぼきぼきしないやり方に関係なく背骨や骨盤を矯正するためとっても効果が高いので「腰痛」で悩んでいるなら一回「カイロプラクティック」の修正を試してみることをおすすめします。

浜松市東区、カイロプラクティック

肩こり、整体

ブログ

豊川稲荷にいきました!

愛知県豊川市にある曹洞宗のお寺です(*^▽^*)
稲荷というと神社っておもいますよね
しかし豊川稲荷は神社ではなくて寺なんです(^_^)
正式には「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)とという名前の寺院です(*^-^*)
とても大きなお寺で、お正月は多くの人で賑わいます(^^♪
豊川稲荷は「狐」信仰しているように思うかもしれませんが、信仰対象は「吒枳尼天」っていう神様らしいです。

「切り火」をしてくれた方の話によると吒枳尼天が「狐」に乗って現れたので狐も祭っているみたいなこと聞きました(*^_^*)
1-003●●●●●●●●●●

豊川稲荷(円福山 豊川閣 妙厳寺)のおススメは!

お賽銭を投げて帰ってくるだけではもったいない(^^♪
奥の方まで散策してこよう(*^▽^*)
お賽銭を投げる建物(本堂)の右の方を奥に行くと、大黒天とか毘沙門天とかを祭ってある祠(ほこら)があります(*^▽^*)さらに奥に行くと「狐塚」の案内がありますので「狐塚」を見に行ってみましょう(^O^)
霊狐塚(れいこづか)と言うようですが、石の狐が沢山並んでいて、ちょっと不気味な感じもしますが他の所にはなかなか無いみたいなので見に行っておきましょう(*^_^*)

「切り火」もやってもらいましょう(#^^#)

霊狐塚(れいこづか)の入り口の近くにある祠(ほこら)で切り火していただけます(*^-^*)
「切り火」って、時代劇なんかで見たことある方も多いと思いますが、家から出掛ける時に火打石でカチカチして火花を飛ばしているやつです!
詳しくしらないのですが、お清めの儀式のようです(^_-)-☆
ほとんどの人が切り火の案内に気が付きもせず通過しているようです(自分も人から教えてもらうまでは気が付かなかった(^^;)!
祠の扉や賽銭箱に案内の紙が貼ってあるので気が付くと思います(^_-)-☆「切り火」料はお気持ちってことみたいですが、お金を置く台の所に1000円札置かれているので千円札が相場なのかなぁと思って毎回1000円おいてきます(;^_^A「切り火」は、時代劇みたいにカチカチという感じではなく、シャッ!シャッ!って感じで結構火花が飛びます(^^)/最後は財布をあげて財布の中にも切り火をしてくれるので、なんかリッチになりそうな気になります(^_^)v

切り火の後は狐を触ろう(*^^)v

切り火をする祠に入ると前の方に二つの木製の狐があるんです。

この「狐」、大岡越前が納めた「狐」のようです(#^.^#)一度は触ってきて下さい(*^^)vちなみに、切り火をする火打石は門前の商店街の仏壇仏具のお店で購入できます。

家に帰ってからもシャッ!シャッ!って火花を飛ばしてお清めするのもいいかもしれません(^^♪
ブログ

肩凝り、カイロ、整体院

ブログ

はままつフラワーパーク

季節ごとに様々な花が咲く浜松フラワーパークにいってきた(^_^)/
と言っても少し前のことになります!
今回は、梅を見に行ってきました。

花には詳しくないので花について語ることは無理なんでが色々な種類の梅が咲いていました(*^▽^*)もうすこしすると今度は桜ですよね(*^_^*)
1-002●●●●●●●●●●
フラワーパーク内を電車みたいなフラワートレインが走っていてお年寄りや小さな子供のいる家族でも広いフラワーパーク内を気軽に見て周ることができるんです(*^▽^*)
温室のそばからモノレールのようなスロープカーという乗り物が走っていて、クルマ椅子やベビーカーを引いている人でも楽に坂道を上り下りできるようになっています(#^.^#)
1-002●●●●●●●●●●
植えてある木とかも手を加えてあって、鳥・リス・蝶・クマ・鹿など色々なキャラクターにカットされたものや、花で絵が描かれていたり、水の上にガーベラでできたハートが浮かべられていたり、花でできたドレスがあって顔を出して写真が撮れたりとかなり工夫されている施設になっています(^_^)
動物が好きな人達は、動物園もとなりあるので合わせて見に行くのもいいと思います(^^)/
営業している時間帯は時期により変るようなので、自分でチェックしてみてください!(^^)!
ブログ

謨エ菴薙€∫肇蠕後・鬪ィ逶、遏ッ豁」

浜松市、整体

出産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正を考えていますか?

産後に行く産後の骨盤矯正をしたことはありますか?最近、赤ちゃんを出産された人で見聞きしたことのない方達はないんじゃないでしょうか?産後に「骨盤矯正」が知られるようになったのは、今から30年くらい前からくらいです。

それより前にも産後「骨盤矯正」は存在していたのですが最近のように普通には知られていませんでした。

30年前くらいにテレビや雑誌で扱われるようになり少しずつ産後の骨盤矯正は、普通の人にも知ってもらえるようになってきました。

産後の骨盤はズレる?

出産の時、骨盤は子供が通りやすいように広がります。

いつも可動できない骨盤の関節は子供を産むのが少しでも楽になるようにホルモンによって柔軟性が増し広がります。

一番に左右の恥骨の間と坐骨の間が広がります。

仙骨と腸骨の間にある仙腸関節(せんちょうかんせつ)は可動しますが広がったりはしないのです。

「骨盤」の関節が柔軟性が増し始めるのは出産前からで、出産時最も広く開きます。

広がった「骨盤」は出産後元の位置に戻ります。

骨盤は産後に歪む?

普通、産後骨盤は元通りになります。

だがしかし、産後元の状態にならず腰痛などを発病することがある。

なぜ骨盤は歪むの? ズレるの?

赤ちゃんによって歪む

妊娠中にお腹の赤ちゃんが少しずつ成長します。

大きくなってきた赤ちゃんによって骨盤が中から押されて骨盤がズレます。

生活習慣で歪む

日頃の生活で「骨盤」が歪むような癖がある。

もともと骨盤が歪んでいれば、出産後にその歪みが持続することがあります。

産後「骨盤」は子供の出産前の元の骨盤に戻りますが、もともとの「骨盤」の関節がズレていれば、ズレた状態になります。

出産後骨盤が元に戻らない

産後に骨盤は元の骨盤になろうとしますが、何らかの原因で骨盤が元に戻らずズレた状態になってしまう場合がある。

このような場合、強烈な痛みが出ることがある。

痛みを感じる所は恥骨周辺の場合もありますが、腰部全体に出る場合もある。

出産後の生活で骨盤が歪む

出産後しばらくは、骨盤の仙腸関節は緩くなった状態になっています。

その時に赤ちゃんの世話などで、曲がった姿勢でいる時間が長かったりすると、出産後骨盤が元に戻った後でもすこしずつズレてしまう。

自分でする一般的な産後の骨盤矯正

最近では、産婦人科などでも骨盤の歪みに対して「骨盤」を不安定な状態から安定させるように締める骨盤ベルトのようなものを使用するようにススメる場合もあります。

また、ネット、テレビ、雑誌などで自分自身で骨盤の関節の歪みを修正する骨盤体操も紹介されるようになった。

産婦人科ですすめるような骨盤ベルトは骨盤を動かないように骨盤の関節を締め付けるだけです。

産婦人科では、どのように骨盤がズレているかを調べることはない。

出産後「骨盤」が緩んでいることを前提にただ固定してあげるだけです。

骨盤矯正体操は、柔軟などのエクササイズや骨盤にゴムを巻いて腰を動かしたりして骨盤を良い状態に戻そうとするものですが、自分自身の骨盤の状態がどのようにズレているかを知る方法を教えてくれないので自分の「骨盤」のズレの状態を理解することはできません。

柔軟や骨盤を動かす体操をしても自分の骨盤の状況を知らなければ、正常な骨盤の状態に改善するには、どの方向に力を加えていいか分かりません。

自分の状況が理解できていないのにおこなう「骨盤矯正」のストレッチや体操は、動いているうちに運よく理想的な位置になってくれればいいとをいう「奇跡を願う神頼み」のようなものです。

整体で行う骨盤矯正

骨格矯正の専門家である整体は、「骨盤矯正」のプロでもある。

整体では「骨盤」の歪みを検査して、「骨盤」のズレを良い状態に正すように「骨盤」を治療します。

骨盤を理想の状態に治すには、骨盤の歪んでいる状態を知っておく必要があります。

骨盤の状況を知らなければ、どのように骨盤を調整すれば元に戻すことができるのか分かりません。

前の述べた一般人が行う骨盤矯正では、骨盤の状況を考えずに矯正を行う為、最悪骨盤の状態が悪化することもあります。

このようなことは珍しいことではありません。

産後の「骨盤矯正」をしようと考えているのであれば、整体で治療するのがいちばんお奨めです。

またエステみたいな所の骨盤矯正は、自分の印象なんですが、骨盤のズレがないにもかかわらず、大げさに骨盤が曲がっていると患者を不安な気持ちにさせ必要のない調整を長期にわたって行う傾向が強いようにおもいます。

正直信用できない所もたくさんあるような気がします。

産後に骨盤矯正は必要?

昨今の骨盤矯正の広告を見ると、産後の骨盤矯正は、必ずするべきだ言わんばかりの広告の文句が目につきます。

「骨盤矯正」は出産後絶対するべきなのでしょうか?答えは「NO」です。

「骨盤矯正」がどうしても必要なくらい体に悪影響があれば、骨盤矯正が存在しなかった時はどーだったのか?骨盤矯正が無かった時代でも何の問題も無く人々は出産していました。

産後骨盤のほとんどは、出産前の正しい状態に自然にもどります。

しかしその中には産後に骨盤がズレてしまう人が少数ですがいます。

多くの方は、産後の骨盤矯正はいりません。

骨盤矯正が必要な方達は、出産後なんらかの異常を生じた場合だけです。

産後の骨盤のズレが気になるのであれば、しっかり骨盤の検査をしてくれる「整体」に行くべきです。

まともな「整体」では、「体形が崩れる」「太りやすくなる」などと言って「骨盤矯正」を奨めることはありません。

まともな「整体」は、曲がっていない骨盤を曲がっていると言って必要のない骨盤矯正などをすすめることはありません。

ほとんどの人達は、出産後の「骨盤矯正」は必要としないことを知っておくといいでしょう。

不安を煽る骨盤矯正は要注意!

骨盤の歪みをそのままにすると「体形が崩れる」「下半身太りになる」「太りやすくなる」など必要もないのに産後の骨盤矯正を奨める整体などは一度良く考えてからにして下さい。

出産後に「体形が崩れる、太ったり」のは骨盤がズレたのが原因なのでしょうか?このようなことの原因の大多数は骨盤ではなく生活習慣です。

子供ができて習慣が変ると、体重が増えたりして体形が変化することは特別変わったことではありません。

しかし産後骨盤矯正を宣伝するエステや整体の治療院は、産後の体形の変化を全て骨盤のズレのせいにし「骨盤矯正をすれば体形をもどせます」と宣伝をするのです。

体形の変化の要因が骨盤の歪みであれば、骨盤の歪みを修正するだけで体形を元にもどすことができるはずですが、骨盤矯正だけで身体が元どうりにもどる人は少数です。

その為、ダイエットサプリや筋トレやストレッチなどのエクササイズも平行してさせようとする治療院が多く、「骨盤矯正」では体形は元にもどせないと証明しているのと同じです。

骨盤矯正に過度の期待をすることは間違いです。

怪しい治療院やエステには気を付けて下さい。

浜松市東区、整体