謨エ菴薙€・ェィ逶、縺ョ遏ッ豁」

整体の骨盤矯正

骨盤矯正

最近骨盤矯正という言葉をテレビ、週刊誌、ネットなどで見ることが増えました。骨盤矯正とはどのようなものなのか分かっている方は多くない。「骨盤矯正」はなんなのか説明してみます。骨盤矯正のことを知り間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

「骨盤」は、左右一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨(せんこつ)の先につながる尾骨からなります。整形外科などの病院の治療では一般に「骨盤」の治療はおこないません。なぜか、一般の病院では骨盤はズレないと考えていて骨盤が日常生活でズレてその歪みが身体の異常の要因になることはないと考えているからです。(しかし一部の病院で骨盤の治療を独自に行っている整形外科も少ないながらもあります)。例外としては、交通事故や高い所から落下した場合のように大きな力が「骨盤」にくわわり骨盤の関節が大きくズレたとき(「骨盤」の関節の脱臼、捻挫のような状態)、元の状態に戻す為に骨盤を治療することがある。この場合は、手術のようなかたちで骨盤の矯正を行うことが多い。また婦人科では、出産後に骨盤の関節のゆるみを調整するように骨盤を閉めつけて安定させるベルトのようなものをすすめる病院が増えてます。

骨盤はズレるのか?

病院の医療では骨盤は歪まないとされ「整体」などでは骨盤はズレると考えられていていったいどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いがでるのかを解説してみようと思います。まず、整体でいうところの「骨盤」がズレると言うのは、病院などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲンなどの画像診断で見て分かるような大きな歪みは扱いません。

病院では?

産婦人科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で見ることのできないくらいの歪みは痛みなどの身体の不調の要因になることはないと考えます。その他にも骨盤の可動性は少しで例外的に出産する時に開く程度。中年以降は腸骨と仙骨はほぼくっついてしまうので骨盤は通常では動きがないと考えているようです。

整体などの手技療法では?

手技療法で行う骨盤矯正では、日頃から骨盤のすこしのひずみを調整した直後に患部の症状が解消されるのを体験しています。実際骨盤の仙腸関節の周辺には神経、筋肉、靱帯、が存在し微妙な歪みでも神経、筋肉、靱帯、を刺激します。レントゲン写真などの画像診断で歪みが写らなくても骨盤がひずんでいてその骨盤を調整する必要があると「整体」で考えるのはこの為です。

痛みの原因は骨盤の歪み

歪んだ骨盤は、さまざまな不調などを体に出現させます。「骨盤」が歪むと骨盤に乗る背骨がひずみます。背骨が湾曲すると背骨の中に入っている神経や、骨を保持する靱帯や筋肉、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管に大きな負荷がかかりこれらは、どれも身体にとってすごく重要なものでどれが侵されても肉体に障害が起こるようになります。

骨盤が原因の身体の異常

背骨が湾曲すると背骨から出ている神経の機能が障害されます。内臓諸器官の異常や運動器官の異常など体の色々な部分が神経の情報で操られているので全ての肉体の異常に関係してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

ズレた体は、関節の動き、筋肉、靱帯に大きな負担がかかる為、凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下などももたらします。

歪みによる血行不良

肉体の曲がりによって血管を圧迫してしまうことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの原因になります。

整体と骨盤矯正

手技療法などによる「整体」の「骨盤矯正」ではおおくの場合手によってされます。矯正器具や矯正ベッドを使うこともありますが、一般的には手で行います。また、骨盤ベルトのような骨盤を固定する道具ももちいる事もあるみたいです。一般的に矯正の痛みは伴わないのが普通のようですが、中にはすごく強い力で無理に矯正を、もちいる治療師もいます。正常な骨盤の場合は、骨盤の関節の可動性はすごく狭く大きく可動することはない。このわずかな可動域を調整によって可動させるので通常は大きな力を使うことはありません。

整体で行う骨盤矯正

骨盤の仙腸関節は筋肉や靱帯でつながっていますが、靱帯や筋肉などの柔軟性のゆるす範囲でしか骨盤の関節は可動することはできないのです。「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、ネット、雑誌などで見ますが、騙されないで。骨盤にどんなに力をかけても見た目で分かるほどの変化はしない。このような宣伝をする整体では骨盤の上に乗るなど強い力を加えるなどして矯正します。凄く強い力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると考える方もいるかもしれませんが、目に見えて分かるほど動いた場合は「骨盤」の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、筋肉や靱帯を傷めてしまいます。治療前と治療後で変化したと思う人もいるようですが、プラシーボ効果のようなもので変ったような感じがしているだけなんです。骨盤の関節に損傷がなければ骨盤が見た目で違いが自覚できるほど動いていることはありません。仮に見た目で変化が分かるほど「骨盤」が動いたのであれば、関節の靱帯や筋肉は傷めているわけであり、仙腸関節の強い痛みが発生するはずです。

産後の骨盤矯正

例外として骨盤が通常以上に動く場合がある。それは出産時です。出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるんで骨盤が開くように動きやすくなります。出産の時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産時以外では骨盤の関節は柔軟性はありません。出産時でも決して大きく可動しない骨盤が外見で分かるほど調整で大きく動くことはありえません。歯列矯正のように何年か力を加えるようなベルトなど使用すれば徐々にですが動かしていくことは可能でよしょうが現実的に無理があります。

骨盤を矯正しよう!

整体でする「骨盤矯正」は体形を変えるものではなく、体をバランスの整った健康な状態に整えることが目的です。骨盤の仙腸関節は、小さなひずみでも痛みなどを発症することもありますし、「骨盤」のわずかな歪みを身体全体を歪ませ健康に大きな影響を与えます。骨盤を修正して体をバランスがとれたいい状態に維持することで健康を保って凝りや痛みを治します。もしも「骨盤」が歪んでいるとおもうのであれば「骨盤矯正」をしてみるのもいいでしょう。骨盤は肉体の基礎です。骨盤が傾けば背骨が傾きます。健康な体は姿勢から!整体の治療はすごく有効な手助けになります。

整体カイロプラクティック整体カイロ痛み、、頭痛偏頭痛首の痛み寝違え肩こり背中の痛み肋間神経痛腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア坐骨神経痛姿勢姿勢猫背側彎症o脚矯正x脚矯正身体のメンテナンス背骨の痛みストレートネック骨盤妊娠中の骨盤矯正産後の骨盤矯正体調不良カイロプラクティック整体

2024年2月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101