謨エ菴薙€・ェィ逶、縺ョ遏ッ豁」

骨盤矯正と整体

「骨盤矯正」

最近骨盤矯正と言うものをネットや週刊誌などで見かけることが多くなりました。骨盤矯正は、なんなのかわかっている人は多くない。骨盤矯正はどのようなものか説明していきます。「骨盤矯正」のことを知って、間違いの無い骨盤矯正を受けることができるようになります。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は左右一対の腸骨とその間にはさまれている仙骨(せんこつ)、それに仙骨(せんこつ)の先に付いている尾骨からなります。外科などの病院の治療はふつう骨盤の調整はなされません。なぜでしょうか?一般医療では骨盤はズレないと思われていて「骨盤」が普段の生活で歪み、それが身体機能の不調の要因になったりすることはありえないと思っているからです。(だがしかしある一部の病院で骨盤の治療を独自にやっている整形外科もわずかですがある)。例外としては、交通事故や高い所から落下したときのように強烈な力が骨盤にかかり「骨盤」の関節が大きく歪んだ時(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼みたいな状態)、元の状態に戻す為に骨盤を調整する場合があります。この場合、外科手術で骨盤の施術をおこなうことが多いようです。また産科では、出産後に骨盤の関節のズレを改善するように骨盤を締め付けて安定させるベルトのようなものを奨める病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?

普通の医療では、「骨盤」は歪まないとされ整体などの手技療法では「骨盤」は歪むといわれどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな考え方の違いがでるのかを説明してみようと思います。まず、整体で言う骨盤が歪むというのは整形外科などでいう「骨盤」の関節の捻挫や脱臼なのどように、レントゲンなどの画像で見て分かるようなひどいズレは扱うことはありません。

一般の医療では?

産婦人科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で見て分からないくらいの歪みは痛みなどの身体の不調の要因にはならないと考えます。それ以外にも骨盤の動きは少なく例外的なのは出産時に動く程度。歳をとると仙骨と腸骨はほぼくっついてしまう為、骨盤は普通可動域は無いと思っています。

骨盤の矯正と整体

整体でおこなわれている骨盤矯正では、普段の治療で骨盤のほんの少しのひずみを矯正したあとに患部の痛みがよくなるのをよく目にします。現実に「骨盤」の骨盤のお周りには靱帯、神経、筋肉などが存在しわずかなズレでも神経、筋肉、靱帯、を充分刺激してしまいます。レントゲンなどの画像でズレが見つからなくても骨盤がひずんでいてそのズレを矯正する必要があると整体で考えるのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因になりやすい

歪んだ骨盤は、色々な異常などを肉体にもたらします。骨盤が歪むと骨盤に乗っている背骨がズレます。脊椎がひずむと背骨の中を通っている血管や神経、骨を保持する筋肉や靱帯、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管などに大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても肉体にとって凄く重要なものでどれか一つが障害されても身体に異常が起きます。

骨盤が原因の身体の異常

背骨が湾曲すると脊椎から出ている神経の機能が狂います。内臓機能の障害や運動器官の障害など肉体のさまざまな部分が神経の情報でコントロールされているので、これら全ての身体の障害に関係してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

歪んだ肉体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に異常な負担がかかるため、慢性的な凝りや痛みなどの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

体が歪むことによる血行不良

身体のズレによって血管を圧迫してしまうことで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの原因になります。

整体と骨盤矯正

手技療法による「整体」「骨盤矯正」では多くの場合手技によってされます。矯正器具や矯正ベッドを使う場合もありますが、一般的には手でします。また、ベルトのような「骨盤」を固定する器具も用いる事もあるみたいです。一般的に治療の痛みをともなわないのが普通なのですが、中には凄く強い力で無理に治療を行う方法を使用する治療師もいる。正常な「骨盤」の場合、骨盤の関節の可動性はとても狭く大きく可動することはない。この少ない動きを矯正で動かすので、基本的に強い力を用いることはない。

整体の骨盤矯正の現実

骨盤の関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、靱帯や筋肉の柔らかさのゆるす範囲でしか「骨盤」の関節は可動することはできません。「「骨盤」が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、雑誌、ネットで見られますが、騙されないように。骨盤にどれほど力を加えても見た目で分かるほどの変化はしません。このような広告をする「整体」は、骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えて施術します。すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと思う方もいるようですが、見た目で分かるほど可動した時は骨盤の仙腸関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を壊してしまいます。治療した後変わったと思う人もいるようですが、気のせいのようなもので変ったような感じがしているだけなんです。骨盤の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で違いが分かるほど動いていることはないのです。仮に目に見えて変化が分かるほど骨盤が可動したのであれば、関節の筋肉や靱帯は損傷しているはずであり、仙腸関節の痛みが発生しているはずです。

骨盤矯正の例外!産後の骨盤矯正

例外的に骨盤が通常以上に動くことがあります。それは出産する時です。出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩み骨盤が広がるように可動しやすくなります。出産時には恥骨間が2㎝ほど広がりますが出産時以外では骨盤の仙腸関節は柔軟性はないのです。出産の時でもそんなに大きく広がらない骨盤が見た目で分かるほど修正で大きく可動することはありえません。歯列矯正のように数年間にわたって力を加え続けるような骨盤ベルトなど使えば少しずつですが動かしていくことはできるでしょうが現実的に無理だと思います。

骨盤を矯正しよう!

整体で行われている「骨盤矯正」は、体形などを変えるものではなく、体をバランスのとれた理想的な状態に正すことが目的なんです。骨盤の仙腸関節は、小さな歪みでも痛みなどを発症することもありますし、骨盤の微妙な歪みが肉体全体を歪ませ健康に影響を与えます。骨盤を治して体をバランスのとれた理想的な状態に維持することで健康を保ち凝りや痛みを改善します。もしも骨盤がひずんでいると思うのであれば、骨盤矯正をやってみるのもいいでしょう。骨盤は肉体の基礎です。「骨盤」が傾けば体全体が傾ていしまいます。健康な体は姿勢から!「整体」の治療法はとっても有効な助けになります。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ

2023年12月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sasuga0101