謨エ菴薙→鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」

浜松市、骨盤矯正、整体

あ、おれタヒんだわ。

タンクローリー炎上の瞬間・・・【ゆっくり実況】

【一式戦闘機「隼」】一見地味だけども隠れた名機!!開戦から終戦まで戦い続けた機体【総集編】

【寿命5000年】なぜ植物は動物に比べ異常に長生きするのか【ゆっくり解説】【雑学】

春一番 / CANDIES

T29 ~遅すぎた猛獣ハンター~

【実録】この2問、分からなかったらASD(アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム)かも。

およそ100人に1人いると言われるASDとは?【漫画】【マンガ動画】

整体の骨盤矯正

骨盤矯正

最近は「骨盤矯正」と言うものをネットやテレビや週刊誌などで見ることが増えました。

骨盤矯正とはなんなのか解っている人達は少数です。

「骨盤矯正」はなんなのか解説してみる。

「骨盤矯正」のことを知って、間違いない「骨盤矯正」を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、左右一対の腸骨とその間にはさまれている仙骨(せんこつ)、それに仙骨の先についている尾骨からなっています。

整形外科などの病院の治療では普通骨盤の修正はなされません。

なぜか?普通の病院では骨盤は歪まないと考えていて骨盤がふんだんの生活でズレてそれが身体機能の不調の要因になることはありえないと考えているからなのです。

(だがしかしある一部の整形外科で骨盤の治療を独自の方法でやっている整形外科もすくなからずある)。

例外になるものとしては、交通事故や高い所から落下したときのように大きな負荷が骨盤に加わり骨盤の関節が大きくズレたとき(骨盤の関節の捻挫、脱臼のような状態)、元の状態に戻すように「骨盤」を調整することがある。

この場合、外科手術で「骨盤」の矯正をおこなうことが多いみたいです。

また婦人科では、産後に骨盤の関節の緩みを治すように骨盤を絞めて安定させる骨盤ベルトのような装具をすすめる病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

普通の医療で「骨盤」は歪まないとされており「整体」では「骨盤」はズレると言われていていったいどっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな違いが出るのかを解説してしてみたいと思います。

まずは、整体でいう骨盤が歪むというのは整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲン写真などの画像でわかるような大きな歪みは扱うことはありません。

病院では?

整形外科などの一般医療では、レントゲンなどの画像で見て分からないくらいの歪みは痛みなど身体の不調の原因にはならないと考えています。

他にも「骨盤」の動きは微妙で例外的なのは出産の時に開く程度。

歳をとると腸骨と仙骨はくっついてしまうので骨盤は通常では動きがないと思っているみたいです。

整体の骨盤矯正は?

整体でおこなわれている「骨盤矯正」では、普段の施術で骨盤の少しのひずみを施術したことで患者の痛みが解消されるのを経験しています。

実際骨盤の仙腸関節の周辺には神経、筋肉、靱帯、などがあってすこしの歪みでも筋肉、靱帯、神経を充分刺激してしまいます。

レントゲンのような画像でズレが見つからなくても骨盤がひずんでいてその骨盤を治療する必要があると整体で言うのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因になる

ひずんだ骨盤は、いろいろな異常を肉体に出現させます。

「骨盤」が歪むと骨盤に乗っている脊椎がひずみます。

背骨が歪むと背骨の中を通る神経や血管、身体を保靱帯や筋肉、全身に酸素や栄養を送る血管などに大きな負担がかかりこれらは、どれをとっても体にとって凄く重要なものでどれが障害されても体に異常が起きてきます。

骨盤が原因の神経圧迫

背骨がひずむと背骨より出ている神経機能が障害されます。

内臓機能の障害や運動器官の障害など肉体の様々な部分が神経の情報でコントロールされているので、全ての体の異常に関係してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

ひずんだ肉体は、関節の動き、筋肉、靱帯に大きな負荷がかかってくるため凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

歪みによる血行不良

体のズレによって血管を圧迫してしまうことで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの原因なってしまう。

整体でおこなう骨盤矯正

手技療法などによる整体の骨盤矯正は多くの場合手によっておこなわれます。

矯正器具や矯正ベッドなど使用することもあるようではあるが、一般的には手でするようです。

また、ベルトのような骨盤を固定する道具も使用する事もあるみたいです。

一般に矯正の痛みをともなわないのが普通のようですが、中にはすごく強い力で無理に施術を、もちいる整体師もいます。

普通の「骨盤」の場合は、骨盤の仙腸関節の可動域はすごく狭く大きく可動することはない。

この少ない可動域を修正により動かすので、通常大きな力を用いることはありません。

整体の骨盤矯正の現実

骨盤の関節は筋肉や靱帯で強くつながっていますが、靱帯や筋肉の柔軟性のゆるす範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできないのです。

「骨盤」が広がっているから「骨盤」を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、テレビ、雑誌、ネットなどで見かけますが、騙されないように。

骨盤にどれほど力をかけても眼で見て分かるほどの動きはしません。

このような宣伝をする整体では骨盤の上に乗っかるなどして大きな力を加えて矯正します。

すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う人もいるかもしれませんが、目に見えて分かるほど動いたときは骨盤の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を壊してしまいます。

治療前と治療後で変化したと思う方もいるみたいですが気のせいみたいなもので変わったような気になっているだけです。

骨盤の仙腸関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど可動していることはないのです。

仮に目に見えて動きが分かるほど骨盤が動いたのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は損傷しているはずであり、骨盤の関節に痛みが発生するはずです。

産後の骨盤矯正は例外?

例外として骨盤が、通常以上に可動する場合がある。

それは出産する時です。

出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節が緩んで骨盤が開くように可動しやすくなります。

出産時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産時以外では骨盤の関節はこのような柔軟性は無いのです。

出産時でも決して大きく動かない骨盤が、外見で分かるほど施術で大きく可動することはない。

歯の矯正のように数年にわたって常に力を加えるような骨盤ベルトなど使用すれば徐々にですが矯正していくことはできるでしょうが現実的に無理があります。

骨盤を矯正しよう!

整体で行われている骨盤矯正は、体形を変えるものではなく、身体をバランスの整った健康な状態に整えることが目的です。

骨盤の仙腸関節は、ちょっとの歪みでも痛みを発することがありますし、骨盤の少しの歪みを体全体をひずませ健康に大きな影響を与えます。

骨盤を矯正して体をバランスがとれた理想的な状態に維持することで健康を保って痛みや凝りを解消します。

もしも骨盤がひずんでいるとおもったら「骨盤矯正」を受けてみるのもいいと思います。

骨盤は、身体の基礎です。

骨盤が傾けば体全体が傾ていしまいます。

健康な体は姿勢から!整体の治療はとても効果的な手助けになります。

浜松市西区、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です