鬪ィ逶、繧定ェソ謨エ縺吶k

浜松市南区、骨盤矯正、カイロプラクティック

〈ENG-Sub〉スプーンN-ONEがS660に挑む!! 峠バトル【Hot-Version】2021

【叱る依存】「自分の欲求を満たすだけ」叱る=愛情の裏返しはウソ?ストレスや負の感情が増えるだけ?これからの子育てや人材育成を考える|

【アサリの砂抜き】プロの料理人が簡単にアサリの砂抜きのコツ教えます!

【ロマンの塊】ロードスターにターボモデルが存在していた!!?350台限定のマツダ・ロードスターターボ(2代目/NB型)【ゆっくり解説】

【ゆっくり解説】津波が来るという救助隊の警告を無視し続けた挙句、あまりに非常識な行動を取った結果…

【2ch感動スレ】おバカな彼女、実はガチの天才だった【ゆっくり解説】

カイロプラクティックの骨盤矯正

骨盤矯正

昨今は「骨盤矯正」というものをネットや週刊誌やテレビで見ることが多くなりました。

骨盤矯正は、どんなものなのか知っている人は少数です。

「骨盤矯正」はなんなのか説明してみます。

骨盤矯正のことを知り間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正

骨盤は一対の腸骨とその中間にある仙骨、それに仙骨(せんこつ)の先についている尾骨からなっています。

外科などの病院の治療は一般的に「骨盤」の矯正はしません。

なぜでしょうか?普通の整形外科では骨盤はズレないと考えていて「骨盤」が日常生活で歪み、そのことが肉体の不調の要因になってしまうことはありえないと考えているからなのです。

(だがある一部の病院では骨盤の施術を独自の方法でしている病院もわずかですがある)。

例外として、高い所から落下したり交通事故にあったりした時のように強烈な負荷が骨盤に加わり「骨盤」の関節が大きく歪んだとき(骨盤の関節の脱臼、捻挫のような状態)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を調整することがある。

この場合は、手術のようなかたちで「骨盤」の施術をおこなうことが多い。

また産科では、産後に骨盤の関節のゆるみを治すように骨盤を閉めつけて固定する骨盤ベルトのような装具を奨める病院があります。

 

骨盤はズレるのでしょうか?

病院などの医療では「骨盤」は歪まないと言われ、「カイロプラクティック」などでは骨盤はズレるといわれどっちが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそのような考え方の違いがでるのかを説明してみようと思います。

まずは、カイロプラクティックでいう骨盤がズレるというのは病院などでいう「骨盤」の関節の脱臼や捻挫なのどように、レントゲンなどの画像で分かるような大きな歪みは扱うことはありません。

病院では?

整形外科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で分からないくらいのズレは痛みなどの身体の不調の要因になることはないと考えているのです。

それ以外にも骨盤の動きは微妙で例外的なのは出産の時に開く程度。

中年くらいになると仙骨と腸骨はほぼくっついてしまうので骨盤は通常動くことはないと考えているようです。

カイロプラクティックの骨盤矯正は?

手技療法でおこなう「骨盤矯正」は、普段の施術で「骨盤」の少しの歪みを矯正した結果患者の痛みが無くなるのを経験します。

事実骨盤の関節の周りには靱帯、神経、筋肉などが存在してわずかな歪みでも筋肉、靱帯、神経を刺激してしまいます。

レントゲン写真のような画像診断でズレがみつからなくても「骨盤」がズレていてその骨盤を施術する必要があると「カイロプラクティック」で言うのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因になりやすい

ズレた骨盤は、いろいろな異常を体にもたらします。

「骨盤」がズレると骨盤に乗る背骨がズレます。

脊椎がひずむと背骨の中を通る血管や神経、肉体を支える靱帯や筋肉、全身に酸素や栄養を送る血管などに負担がかかります。

これらは、全て身体にとって凄く重要なものでどれが侵されても身体に異常が起こります。

骨盤が原因の身体の異常

脊椎がひずむと脊椎から出る神経の伝達が障害されます。

内臓機能の障害や運動機能の異常など肉体のいろいろな部分が神経でコントロールされているので、全ての肉体の異常に関連してきます。

筋肉、靱帯、関節にかかる負担

ひずんだ体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負荷がかかる為、慢性的な凝りや痛みなどの要因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

歪みによる血行不良

身体の歪みによって血管を圧迫されることで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの原因なってしまう。

カイロプラクティックによる骨盤矯正

手技療法などによるカイロプラクティックの「骨盤矯正」ではおおくの場合手によって行われます。

矯正器具や矯正ベッドを使用することもありますが、一般的には手でします。

また、ベルトのような「骨盤」を締め付けるような道具ももちいることもある。

普通調整の痛みをともなわないのが普通ですが、中には強い力で無理に治療を、使用する治療師もいる。

正常な骨盤の場合、骨盤の関節の動きは凄く狭く大きく可動することはありません。

このわずかな動きを修正で可動させるので普通は大きな力を使うことはないのです。

現実のカイロプラクティックの骨盤矯正

骨盤の関節は筋肉や靱帯で強く繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性の範囲でしか「骨盤」の仙腸関節は可動することはできない。

骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、ネット、テレビ、雑誌で見ますが、騙されないように。

骨盤にどれだけ力を加えても眼で見て分かるだけの動きはしません。

こんな広告をするカイロプラクティックは骨盤の上に乗っかるなど強い力を加えるなどして治療します。

凄く大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると思う方もいると思いますが、見た目で分かるほど動いたときは「骨盤」の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまう為、靱帯や筋肉を破壊してしまいます。

治療した後に変化したと感じる人達もいるようですが、気のせいみたいなもので変ったような感じがしているだけなんです。

「骨盤」の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ骨盤が目に見えて変化が自覚できるほど可動していることはありません。

かりに目に見えて違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の筋肉や靱帯は損傷しているわけであり、仙骨と腸骨の関節の間の強い痛みが発生するはずです。

産後の骨盤矯正

例外として骨盤が普通異常に動く場合がある。

それは、出産する時です。

出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるみ骨盤が、開くように可動しやすくなっていきます。

出産時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産の時以外では骨盤の関節は柔軟性はない。

出産時でも決して大きく開かない骨盤が見た目で分かるほど施術で大きく可動することは無い。

歯列矯正のように数年間にわたって常に力を加えるような骨盤ベルトなど使用すれば徐々にですが矯正していく事はできるでしょうが現実では無理だと思います。

骨盤を矯正しよう!

「カイロプラクティック」でおこなう骨盤矯正は、体形などを変化させるようなものではなく肉体をバランスのとれた理想の状態に正すことが目的です。

骨盤の仙骨と腸骨の関節はちょっとのズレでも痛みなどを発することがありますし、「骨盤」のちょっとの歪みを体全体を歪ませ健康などに大きな影響を与えます。

骨盤を修正して体をバランスがとれた良い状態に保つことで、健康を保ち凝りや痛みを治します。

もし骨盤がひずんでいると思ったら骨盤矯正をやってみるのもいいのではないでしょうか?骨盤は肉体の土台です。

「骨盤」が傾けば体全体が傾きます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!カイロプラクティック施術はすごく有効な助けになる。

磐田市、骨盤矯正、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です