謨エ菴薙→閻ー逞帙・豐サ縺玲婿

腰痛、整体

【Vol.83】[第3弾/後編]ごく身近にあるのに、実はよくわからない車の疑問<5選>【GS-RADIO】

【ゆっくり解説】「もっと調べてくれば良かった」後悔の言葉をぽつりと吐いた…空木岳遭難事故

【たまごの豆知識】卵かけご飯、白い部分を取らない方がいい理由について【ゆっくり解説】

【2chスカッと】役所「奥さん既婚者ですよね?婚姻届は受理できません」毒親に彼との結婚を猛反対された→無視して籍を入れに行くと私は既に既婚者になっていた!

フライパンが危ない!隠された令和の水俣「PFOA」NO.1【Tansa報道最前線】20220208

【ゆっくり解説】人間とは異なる時間を生きる生物たち-なぜハエを叩くのは難しいのか-

ight=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/66qcZTBwGUQ” title=”YouTube video player” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen>

腰痛の治療と整体

腰痛と整体

腰痛は、腰の痛みや炎症などを症ずる状況を指します。

大部分の「腰痛」はたいてい発現から数週間以内に治ります。

しかしほとんどの「腰痛」は、傷めることを繰り返し、そのうちの何%かは日常生活に重大な支障をきたす重大な状況になったりします。

腰痛は大きく分けると急性の腰痛と慢性の腰痛に分けられます。

急性の腰痛は、突如痛くなる、「ぎっくり腰」を含めて痛みが出てあんまり時間の過ぎていないものです。

慢性腰痛は、長い期間痛みや不快な状態が腰の辺りにつづく「腰痛」で痛みなどの症状の消失と発現を何回も繰り返し長い期間持続する場合もある。

一生で80%くらいの人が、一回は「腰痛」を経験するといわれています。

腰痛の分け方

「腰痛」は急性の腰痛と慢性腰痛という発病してからの期間で分けられるだけでなく、当然症状によっても分けられる。

要因による「腰痛」の分類には、急性腰痛症(ぎっくり腰)、腰部椎間板症、腰部椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、感染性脊椎炎、腰椎圧迫骨折、腫瘍(ガン)、心因性腰痛、などがあります。

腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)などの「腰痛」は、老人には普通にみられる「腰痛」でレントゲンやMRIなどすると、ほとんどの高齢の方に認められますが、これらは高齢の人達の「腰痛」の要因ではないという話もあるようです。

これは、手術などによって腰痛の病変を取り去っても「腰痛」が消失しないことがおおいためである。

緊張性腰痛(筋筋膜性腰痛)は筋肉や筋膜などに過度な負担が加わることで、筋肉などが、収縮することによって発症する「腰痛」になります。

慢性腰痛は腰痛が3ヶ月以上つづく長期の「腰痛」です。

要因がはっきりしない「腰痛」もたくさんあって不安やストレスが原因の精神的な「腰痛」ではないかとも思われている。

急性の腰痛を長引かせて慢性腰痛に変化することもあるのです。

それ以外の腰痛

「腰痛」は、大きな疾患が潜んでいる場合もあり、緊急性があり死亡率のすごく高い病変もある。

緊急性があり、致死性の高い「腰痛」の原因に腹部大動脈瘤、大動脈解離、腎梗塞急性膵炎、などあげられます。

とくに注意を要する「腰痛」は腹部感染症、脊椎感染症、悪性腫瘍、があります。

「腰痛」の原因になるこれらの病に関しては原因である病を治さないかぎり「腰痛」が良くなることはありません。

腰痛」以外に症状がある人達は、腰痛以外の病気があるかどうか調べてみることが必要になる。

普通の「腰痛」だと油断していると、命取りにもなりかねません。

腰痛」の種類によっては命にかかわる怖い「腰痛」もあるということを解っておくといいでしょう。

非特異的腰痛を来たしやすい要因

精神的要因(ストレス、不安など)、肥満、妊娠、腰い負担おかかる職業、運動不足、年齢、など。

精神的な要因による「腰痛」は、要因が分からない「腰痛」などに関して時々用いられます。

しかし、MRIやレントゲンに要因が写らなかったからといって精神的原因と言うのは間違いです。

レントゲンやMRIにすべての要因が映し出されることはなく、反対にレントゲンやMRIに写し出されない要因の方がはるかにおおいことからも心因性腰痛だと判断されたからといって肉体的な要因が無いと安心することはできない。

整体と腰痛

腰痛の治療方法は様々な対処法が使われます。

これは腰痛の原因がさまざまあるということだけでなく、根本的な治療法が無いということです。

一般に鎮痛剤や湿布や注射など薬などを使用する治療と、筋力トレーニング、姿勢の改善、ストレッチなどの運動療法。

コルセットやテーピング。

温熱療法や電気治療。

鍼治療やマッサージ。

いろいろな方法が腰痛治療で用いられますが、その中でもとても効果的だと言われるのが「整体」などの骨格矯正なんです。

整体は、脊椎や骨盤などの骨を調整することにより腰痛を改善します。

背骨の歪みや骨盤の歪みが腰痛の重要な要因になります。

整体」は「腰痛」の要因になる背骨や骨盤を調整します。

整体の腰痛の矯正

「整体」の腰痛治療は、ふつうぼきぼき音を鳴らすのを想像する人が多いのではないですか?基本的に急性の腰痛(ぎっくり腰)には、このようなボキッてする矯正を「整体」ですることは考えられません。

また急性腰痛に対してぼきぼきするような矯正をする「整体」には、気を付けた方がいいでしょう。

「ぎっくり腰」のような急性の腰痛に対して「整体」は、ボキボキしない矯正方法で脊椎や骨盤の修正をします。

「整体」にも柔らかい施術が用いられます。

慢性の腰痛に関しては、「整体」の矯正方法にもよりますがぼきぼきする矯正をすることもある。

整体」は、ぼきぼきする方法やぼきぼきしない矯正に関わらず脊椎骨盤を調整するためとっても効き目が高いので、腰痛で悩んでいるのでしたら一度「整体」の施術を受けてみることをお奨めします。

浜松市中区、腰痛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です