繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縲・ェィ逶、遏ッ豁」

浜松市、骨盤矯正

【ゆっくり解説】空想科学シリーズ28 装甲騎兵ボトムズ アーマードトルーパー解説 レッドショルダー野望のルーツ

米国側から日本の戦艦大和が沈没に至った本当の損害に世界が仰天!【総集編】

【ヤクザシリーズ39】マル暴との密会がバレる牧村、ピンチ到来!?<子と親編 前編>

タイムボカン

日本軍の屠龍とB29 「二式複座戦闘機」を解説してみる【ゆっくり解説】

電子レンジ|物理的仕組みを解説

骨盤矯正とカイロプラクティック

「骨盤矯正」

近頃「骨盤矯正」という言葉をネットや週刊誌やテレビで見かけることが多くなりました。

「骨盤矯正」とは、なんなのか知っている方は多くありません。

骨盤矯正はどのようなものか解説してみます。

骨盤矯正のことを知り間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にはさまれている仙骨、それと仙骨(せんこつ)の尖端についている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療では普通骨盤の調整はなされません。

なぜか?一般医療では骨盤はズレないと思っていて骨盤が日常生活でズレてそれが体の不調の要因になることはありえないと考えているからなのです。

(しかし一部の整形外科では骨盤の施術を独自に行っている整形外科もわずかにあります)。

例外になるものとしては、交通事故や高い所から落下した時のように大きな負荷が骨盤にかかり骨盤の関節が大きく歪んだとき(骨盤の関節の捻挫、脱臼のようなこと)、元の状態に戻す為に「骨盤」を施術することがあります。

この場合は、手術によって「骨盤」の調整をおこなうことが多いみたいです。

また婦人科では、産後に骨盤の関節の歪みを調整するように骨盤を閉めつけて固定する骨盤ベルトのような装具を奨める病院があります。

 

骨盤は歪むのでしょうか?

病院の医療では、骨盤はズレないとされ「カイロプラクティック」などでは骨盤は歪むと言われ、どちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いが出るのかを説明してしてみたいと思います。

まずは、カイロプラクティックで言うところの「骨盤」がズレるというのは整形外科などでいう「骨盤」の関節の捻挫や脱臼なのどように、レントゲン写真などの画像でわかるようなひどい歪みは扱いません。

一般の医療では?

病院などの一般医療では、レントゲンなどの画像で見て分からない程度のズレは痛みなど身体の不調の原因になることはないと考えているのです。

これ以外にも「骨盤」の可動性はわずかで例外的に出産するときに可動するくらい。

中年くらいになると仙骨と腸骨はほぼ癒着してしまう為、骨盤は通常では可動することは無いと思っているみたいです。

カイロプラクティックの骨盤矯正

カイロプラクティックでおこなわれている骨盤矯正では、普段の施術で骨盤のすこしのズレを治療していくことで患者の症状が無くなるのを見ています。

実際骨盤の仙腸関節の周りには筋肉、神経、靱帯などが存在しちょっとのひずみでも神経、筋肉、靱帯、を充分刺激する。

レントゲン写真のような画像で歪みが認められなくても「骨盤」が歪んでいて、その歪みを調整する必要があるとカイロプラクティックで考えるのはこの為です。

痛みの原因は骨盤の歪み

歪んだ「骨盤」は、さまざまな異常などを肉体に出現させます。

骨盤がひずむと「骨盤」に乗る背骨が湾曲します。

脊椎がズレると背骨の中に入っている神経や、骨を保筋肉や靱帯、全身の臓器に血液を送る血管などに大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても体にとってとても重要なもので、どれが障害されても筋肉や内臓に異常が起きます。

骨盤が原因の身体の異常

背骨がズレると脊椎より出ている神経の伝達が狂います。

内臓の障害や運動機能の異常など体の色々な部分が神経の情報でコントロールされているので、これら全ての体の異常に関連してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

ひずんだ体は、関節の動き、筋肉、靱帯に大きな負担がかかってくるため凝りや痛みなどの要因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

骨盤が歪むことによる血行不良

身体のズレによって血管などを圧迫されることで、血管圧迫にる「冷え」や「むくみ」などの要因なってしまう。

カイロプラクティックと骨盤矯正

手技療法などによるカイロプラクティック骨盤矯正は、おおくの場合手によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使う場合もありますが、一般には手で行います。

また、コルセットのような「骨盤」を締め付けるような装具も用いる事もある。

一般的に施術の痛みをともなわないのが普通なのですが、中にはとても強い力で無理に矯正をする方法を用いる施術師もいます。

正常な骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の動きはすごく狭く大きく可動することはありません。

この少しの動きを矯正により動かすので、通常は大きな力を必要とすることはありません。

カイロプラクティックで行う骨盤矯正

骨盤の仙骨と腸骨の関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、靱帯や筋肉の柔らかさの許す範囲でしか「骨盤」の仙腸関節は動くことはできないのです。

「骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」なんてことを雑誌、ネット、テレビなどで見かけますが、騙されないように。

骨盤にどれほど力を加えても眼で見て分かるほどの変化はしない。

このような広告をするカイロプラクティックでは骨盤の上に乗っかるなど大きな力を加えて修正します。

凄く大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい動くと思う人もいると思いますが、見た目で分かるほど可動した場合は「骨盤」の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまうため、筋肉や靱帯を壊してしまいます。

治療前後で変わったと思う方達もいるようですが、気のせいみたいなもので変ったような気がしているだけです。

「骨盤」の仙腸関節に損傷が無ければ骨盤が見た目で違いが自覚できるほど可動していることはない。

かりに目に見えて違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の靱帯や筋肉は傷めているはずであり、仙腸関節の強い痛みが発生しているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?

例外として骨盤が通常以上に可動する場合がある。

それは、出産時です。

出産時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるんで骨盤が広がるように動きやすくなる。

出産時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産時以外では骨盤の恥骨の関節は柔軟性はない。

出産の時でもそんなに大きく広がらない骨盤が眼で見て分かるほど修正で大きく可動することは無い。

歯列矯正のように数年にわたって力を加えるようなベルトなど使えば徐々にですが矯正していく事はできるでしょうが実際には無理があります。

骨盤矯正をしよう!

カイロプラクティックで行われている「骨盤矯正」は体形を変化させるものでなく体をバランスのとれた健康な状態に整えることが目的です。

骨盤の腸骨と仙骨の関節がちょっとのズレでも痛みなどを発症することもありますし、骨盤の微妙な歪みが身体全体をひずませ健康などに大きな影響を与えます。

「骨盤」を治して体をバランスのとれた理想的な状態に維持することで健康を保ち痛みや凝りを改善します。

もし骨盤が歪んでいるとおもったら「骨盤矯正」をやってみるのもいいと思います。

骨盤は、体の土台です。

骨盤が歪めば体全体が傾きます。

健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!「カイロプラクティック」の治療はとっても効果的な手助けになる。

浜松市中区、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です