鬪ィ逶、遏ッ豁」縲∵紛菴・ 鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縲∵紛菴・ 鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」縺ィ謨エ菴・ 謨エ菴薙€・ェィ逶、遏ッ豁」

浜松市東区、整体

わたしの彼は左きき / 麻丘めぐみ

【ひろゆき】行動力について語るひろゆきまとめ【ひろゆき 行動力】

エアバッグ|一体どのような仕組みなの?

「いま、地球が目覚める」

超合体戦士サンゴッドV オープニングテーマ【創作譜面】

【ゆっくり解説】マーシャ・ブラスキナ、処刑されたベラルーシ・パルチザン少女の写真。

骨盤矯正と整体

「骨盤矯正」

最近では「骨盤矯正」と言うのをテレビや週刊誌やネットなどで見ることが増えてきました。

骨盤矯正」は、どんなものなのかわかっている方達は多くありません。

骨盤矯正はどんなものなのか説明してみる。

骨盤矯正のことを知り間違いない「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

「骨盤」は、一対の腸骨とその中間にある仙骨、それに仙骨の尖端についている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療はふつう骨盤の修正はなされません。

なぜだと思いますか?一般の整形外科では「骨盤」は歪まないと思っていて骨盤がふんだんの生活でズレてそのことが肉体の異常の原因になってしまうことはありえないと考えているからです。

(だがしかし一部の病院で骨盤の修正を独自の方法でやっている病院もわずかですがある)。

例外としては、高い所から落下したり交通事故にあったりした時のように強い負荷が骨盤にかかり「骨盤」の関節が大きく歪んだ場合(骨盤の関節の脱臼、捻挫みたいなこと)、元の状態に戻す為に骨盤を施術することがある。

この場合、手術によって骨盤の施術を行うことが多いみたいです。

また婦人科では、産後に骨盤の関節のズレを修正するように「骨盤」を締め付けて安定させるベルトのような装具を奨める病院がある。

骨盤はズレるのか?

病院の医療では骨盤は歪まないとされており「整体」では「骨盤」は歪むといわれどっちが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いが出るのかを解説してみます。

まずは、「整体」で言うところの骨盤がズレるというのは整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲン写真などの画像診断で見て分かるようなひどいズレは扱いません。

一般の医療では?

産婦人科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で見ることのできないくらいの歪みは痛みなどの身体の不調の原因になることはないと考えているのです。

その他にも「骨盤」の可動性はわずかで例外的に出産する時に動く程度。

中年くらいになると仙骨と腸骨はほぼ癒着してしまうため骨盤は通常可動することはないと考えているようです。

骨盤矯正と整体

整体でおこなわれている骨盤矯正では、普段の治療で骨盤のほんの少しのひずみを矯正したのちに患部の症状が良くなるのを見ています。

実際骨盤の骨盤のお周りには神経、筋肉、靱帯、があってちょっとの歪みでも筋肉、靱帯、神経を刺激する。

MRIやレントゲンなどの画像診断でズレが見られない場合でも骨盤が歪んでいて、そのひずみを調整する必要があると整体で考えるのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

歪んだ骨盤は、さまざまな痛みを身体に出現させます。

「骨盤」がズレると骨盤に乗る脊椎がズレます。

脊椎がひずむと背骨の中を通っている神経や、骨格を支える靱帯や筋肉、全身に酸素や栄養を送る血管などに大きな負荷がかかりこれらは、どれをとっても肉体にとってすごく重要なものでどれか一つが侵されても身体に障害が起きます。

骨盤が原因の神経圧迫

背骨がひずむと背骨から出る神経機能が障害されます。

内臓諸器官の異常や運動機能の障害など肉体の色々な部分が神経の命令でコントロールされているので、すべての肉体の異常に関連してきます。

筋肉、靱帯、関節にかかる負担

ズレた体は、関節、筋肉、靱帯に大きな負荷がかかってくる為、慢性的な凝りや痛みなどの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

歪みによる血行不良

身体のズレによって血管などを圧迫してしまうことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

骨盤矯正と整体

手技療法などによる「整体」の「骨盤矯正」では、おおくの場合手によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドなど使う場合もあるようではあるが、一般には手技でします。

また、骨盤ベルトのような骨盤を締め付けるような道具も使うこともあります。

一般に治療の痛みをともなわないのが普通のようですが、その中にはすごく強い力で無理やり矯正を、使用する施術師もいる。

普通の「骨盤」の場合は、骨盤の関節の動きは非常に狭く大きく動くことはありません。

この少しの動きを矯正によって可動させるので普通は大きな力を必要とすることはありません。

現実の整体の骨盤矯正

「骨盤」の仙骨と腸骨の関節は筋肉や靱帯で強くつながっていますが、靱帯や筋肉などの柔らかさの範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできません。

骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをネット、テレビ、雑誌などで見られますが、騙されないで下さい。

骨盤にどんなに力を加えても見た目で分かるほどの動きはしません。

このような広告をする「整体」は、「骨盤」の上に乗るなどして強い力を加えるなどして矯正します。

すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと思う人達もいると思いますが、目に見えて分かるほど可動した時は骨盤の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまうため、靱帯や筋肉を傷めてしまいます。

治療前後で変わったと感じる方もいるみたいですが勘違いのようなもので変わったような気になっているだけなんです。

骨盤の関節に損傷がなければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が目に見えて違いが分かるほど可動していることはない。

逆に見た目で動きが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、骨盤の関節に痛みが発生するはずです。

出産後の骨盤矯正

例外として骨盤が、通常以上に可動することがあります。

それは、出産する時です。

出産時は、ホルモンによって骨盤の関節がゆるんで骨盤が、広がるように可動しやすくなっていきます。

出産の時には恥骨間が2㎝くらい広がりますが出産の時以外では骨盤の関節は柔軟性はないのです。

出産の時でもそんなに大きく可動しない骨盤が外見で分かるほど矯正で大きく動くことはありません。

歯列矯正のように数年間にわたって力を加えるようなベルトなど使用すればすこしずつですが矯正していくことはできるでしょうが現実的に無理があります。

骨盤矯正をしよう!

整体で行う骨盤矯正は、体形を変えるものでなく肉体をバランスのとれた理想的な状態に戻すことが目的なんです。

「骨盤」の関節は小さなひずみでも痛みを発することがあるし、骨盤のちょっとの歪みを体全体を歪ませ健康などに大きな影響を与えます。

骨盤を整え体をバランスがとれた理想の状態に戻すことで健康を保ち痛みや凝りを改善します。

もしも「骨盤」が曲がっているとおもったら「骨盤矯正」をやってみるのもいいでしょう。

骨盤は肉体の土台です。

骨盤が歪めば脊椎が傾きます。

健康な体は正しい姿勢かた¥ら!整体の治療はとっても効果的な助けになります。

浜松市西区、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。