謨エ菴薙・鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ

整体

【ゆっくり解説】ゾッとする…意味が分かると怖い画像9選!part10【心霊写真あり】

【危険!】やってはいけない確定申告3選【還付金、ふるさと納税、減価償却/具体例付き/源泉所得税/寄附金控除/Depreciation、工具器具備品、消耗品費/白色・青色

【薪にしてはいけない木】身近にあります!!

【武器解説】弓VSクロスボウ、どっちが強いのか?【ゆっくり解説】

薬師丸ひろ子 メインテーマ  歌詞つき

【実録】この2問、分からなかったらASD(アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム)かも。

およそ100人に1人いると言われるASDとは?【漫画】【マンガ動画】

骨盤矯正と整体

「骨盤矯正」

近頃「骨盤矯正」と言うものを週刊誌やテレビで見かけることが増えました。

「骨盤矯正」とはどんなものなのかわかっている人達は少ない。

「骨盤矯正」はどんなものなのか説明してみます。

「骨盤矯正」のことを理解し間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、左右一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨(せんこつ)の先っぽに付いている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療は一般に骨盤の修正はおこないません。

なぜでしょうか?一般の病院では「骨盤」はズレないと思われていて骨盤がふんだんの生活でズレてそのことが身体機能の異常の原因になることはないと思っているからです。

(だがしかし一部の整形外科で骨盤の矯正を独自にしている整形外科もすくなからずあります)。

例外として、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強烈な負荷が骨盤に加わり骨盤の関節が大きくズレた時(骨盤の関節の捻挫、脱臼のような状態)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を治療する場合があります。

この場合、外科手術で骨盤の矯正をおこなうことが多いようです。

また婦人科では、出産後に「骨盤」の関節の緩みを修正するように「骨盤」を絞めて固定するベルトのようなものをすすめる病院があります。

 

骨盤はズレるのか?

一般的な医療では骨盤は歪まないと言われ、整体などでは「骨盤」は歪むと考えていてどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いが出るのかを解説してみます。

まず、「整体」でいう骨盤が歪むというのは整形外科などでいう「骨盤」の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲン写真などの画像でわかるような大きなズレは扱いません。

一般の医療では?

産婦人科などの一般医療では、レントゲンなどの画像診断で見て分からないくらいのズレは痛みなど身体の不調の原因になりえないと考えているのです。

それ以外にも「骨盤」の動きは少なく例外的なのは出産時に可動するくらい。

中年くらいになると腸骨と仙骨はほぼくっついてしまう為、骨盤は通常では可動することはないと思われているみたいです。

整体などの手技療法では?

手技療法などで行われている骨盤矯正では、普段の治療で「骨盤」のほんの少しの歪みを修正したあとに患部の症状がなくなるのを体験しています。

現実に「骨盤」の仙腸関節の周りには靱帯、神経、筋肉がありちょっとの歪みでも靱帯、神経、筋肉を刺激します。

レントゲンやMRIのような画像で歪みが写らない場合でも骨盤が歪んでいて、そのズレを治療する必要があると整体で言うのはこの為です。

痛みの原因は骨盤の歪み

ひずんだ骨盤は、さまざまな異常を肉体に出現させます。

骨盤がひずむと「骨盤」に乗る脊椎が湾曲します。

脊椎が歪むと背骨の中に入っている神経や血管、骨を保筋肉や靱帯、全身に栄養や酸素を送る血管などに大きな負担がかかりこれらは、どれも体にとってとても重要なもので、どれか一つが障害されても肉体に異常が起こります。

骨盤の歪みが原因の神経圧迫

背骨がひずむと脊椎より出ている神経の伝達が障害されます。

内臓諸器官の異常や運動機能の障害など身体のいろいろな部分が神経の情報で操られているのでこれら全ての体の障害に関連してきます。

関節、筋肉、靱帯にかかる負担

ひずんだ体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に異常な負荷がかかる為、慢性の凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

体が歪むことによる血行不良

肉体の曲がりによって血管などを圧迫されることで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの要因になります。

整体でおこなう骨盤矯正

手技療法による整体の骨盤矯正では多くの場合手技によっておこなわれます。

矯正器具や矯正ベッドなど使うこともあるが、一般には手技でおこないます。

また、ベルトのような骨盤を圧迫する器具ももちいる場合もあります。

一般に矯正の痛みは伴わないのが普通のようですが、その中にはすごく強い力で無理やり施術を、もちいる治療師もいる。

普通の骨盤の場合は、骨盤の関節の可動域は非常に狭く大きく可動することは無い。

このすくない動きを調整で動かすので、通常強い力を使うことはありません。

現実の整体の骨盤矯正

「骨盤」の関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、靱帯や筋肉などの柔らかさのゆるす範囲でしか骨盤の仙腸関節は可動することはできません。

「骨盤が広がっているから「骨盤」を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、ネット、雑誌などで見られますが、騙されないで。

骨盤にどんなに力を加えても眼で見て分かるだけの変化はしません。

こんな広告をする整体は骨盤の上に乗るなどして強い力を加えて施術します。

すごく強い力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると考える人もいるようですが、目に見えて分かるほど可動した場合は「骨盤」の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまうため、筋肉や靱帯を損傷してしまいます。

治療前後で変化したと思う人もいるみたいですが勘違いのようなもので変わったような気になっているだけです。

「骨盤」の関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、骨盤が見た目で変化が自覚できるほど動いていることはないのです。

仮に目に見えて動きが分かるほど「骨盤」が動いたのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の筋肉や靱帯は損傷しているはずであり、骨盤の関節に痛みが発生しているはずです。

出産後の骨盤矯正

例外として「骨盤」が、通常以上に可動することがあります。

それは出産する時です。

出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩んで「骨盤」が広がるように可動しやすくなったりします。

出産時には恥骨間が2㎝ほど開きますが、出産の時以外では「骨盤」の恥骨の関節はこのような柔軟性はない。

出産時でもそんなに大きく動かない骨盤が、見た目で分かるほど治療で大きく可動することはありえません。

歯列矯正のように数年にわたって常に力を加えるような骨盤ベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していくことはできるでしょうが実際には無理だと思います。

あなたも骨盤矯正しよう!

整体で行われている「骨盤矯正」は、体形などを変えるようなものではなく肉体をバランスの整った理想的な状態に戻すことが目的なんです。

骨盤の仙腸関節は、多少のひずみでも痛みなどを発することがありますし、骨盤の微妙な歪みが体全体を歪ませ健康などに大きな影響を与えます。

骨盤を整え身体をバランスのとれたいい状態に保つことで、健康を保ち痛みや凝りを治します。

もし骨盤がズレていると思うのであれば、「骨盤矯正」を受けてみるのもいいと思います。

骨盤は、肉体の土台です。

「骨盤」が傾けば脊椎が傾きます。

健康な体は姿勢から!整体の治療はすごく効果的な助けになります。

浜松市中区、骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。