繧ォ繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け縺ョ鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ

浜松市、骨盤矯正、カイロプラクティック

【ゆっくり解説】モランディ橋崩壊事故 2018

【ひろゆき】「誤解を恐れずに話します」真面目な人が経済的に報われる社会はもう終わったのですよ【 切り抜き 2ちゃんねる 思考 論破 kirinuki きりぬき hiroyuki】

【ゆっくり解説】マジで最強!? 世界の伝説の生物7選

聖母たちのララバイ / 岩崎宏美

【2009年埼玉】高速回転するグラインダー砥石が炸裂し男性の顔や首に…彼は何故規格外の部品を使ってしまったのか?【ゆっくり解説】

電子レンジ|物理的仕組みを解説

カイロプラクティックの骨盤矯正

骨盤矯正

昨今は「骨盤矯正」というものをテレビ、週刊誌、ネットで見かけることが多くなりました。

骨盤矯正とは、どのようなものなのか知る方達は多くない。

「骨盤矯正」はどのようなものか解説してみる。

「骨盤矯正」のことを理解し間違い無い「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、一対の腸骨とその間にはさまれている仙骨、それに仙骨(せんこつ)の先についている尾骨からなっています。

整形外科などの病院の治療では一般に骨盤の施術はしません。

なぜかと言うと、一般の病院では骨盤は歪まないと考えられていて、骨盤が普段の生活で歪み、その歪みが肉体の異常の原因になってしまうことは無いと思っているからなのです。

(だがしかし一部の整形外科では骨盤の施術を独自のやり方でしている整形外科も少ないながらもある)。

例外として、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強烈な負荷が骨盤にくわわり骨盤の関節が大きく歪んだ場合(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元の状態に戻す為に骨盤を治療する場合がある。

この場合、手術によって骨盤の調整をすることが多いようです。

また産科では、出産後に骨盤の関節の不安定性を改善するように骨盤を絞めて固定するベルトのようなものを奨める病院が増えてきました。

骨盤はズレるのでしょうか?

一般的な医療で骨盤は歪まないとされていて「カイロプラクティック」では「骨盤」は歪むと考えていてどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような考え方の違いが出るのかを説明してみようと思います。

まず、「カイロプラクティック」で言うところの「骨盤」が歪むと言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫のようにレントゲンなどの画像診断で分かるようなひどいズレは扱うことはありません。

病院では?

産婦人科などの医療ではレントゲンなどの画像診断で見て分からないくらいの歪みは痛みなどの身体の不調の原因になることはないと考えているのです。

これ以外にも骨盤の動きはわずかで例外的なのは出産の時に可動する程度。

中年以降は腸骨と仙骨はくっついてしまうので骨盤は通常動くことはないと考えています。

カイロプラクティックの骨盤矯正

手技療法で行う骨盤矯正では、普段の施術で骨盤のほんの少しのひずみを施術したあとに患者の症状が改善されるのを経験します。

実際「骨盤」の関節の周辺には筋肉、神経、靱帯などがあってちょっとのズレでも神経、筋肉、靱帯、を刺激する。

MRIやレントゲンなどの画像で歪みが認められない場合でも骨盤が歪んでいて、そのひずみを施術する必要があると「カイロプラクティック」で言うのはこの為です。

様々な痛みは骨盤の歪みが原因?

ひずんだ骨盤は、色々な痛みを身体に出現させます。

骨盤が歪むと骨盤に乗っている脊椎が湾曲します。

背骨が歪むと背骨の中の神経や血管、肉体を保持する靱帯や筋肉、全身に酸素や栄養を送る血管などに大きな負荷がかかりこれらは、全て体にとってとても重要なもので、どれか一つが障害されても体に障害が起こります。

骨盤が原因で神経圧迫

背骨が湾曲すると脊椎より出ている神経の機能が狂います。

内臓機能の異常や運動機能の障害など身体のあらゆる部分が神経でコントロールされているので、全ての体の障害に関係してきます。

関節、靱帯、筋肉にかかる負担

ズレた身体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に異常な負担がかかる為、慢性的な凝りや痛みなどの原因になったり、運動能力の低下などももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

体のズレによって血管を圧迫してしまうことで、血管圧迫にる「むくみ」や「冷え」などの要因になります。

骨盤矯正とカイロプラクティック

手技療法などによる「カイロプラクティック」の骨盤矯正では多くの場合手によってなされます。

矯正器具や矯正ベッドを使用する場合もありますが、一般的には手でします。

また、ベルトのような骨盤を圧迫する道具も使用する場合もあります。

一般的に修正の痛みをともなわないのが普通なのですが、その中にはすごく強い力で無理に施術を、もちいる整体師もいる。

正常な骨盤の場合は、骨盤の関節の可動域は凄く狭く大きく動くことはない。

このわずかな動きを修正により動かすので、通常は強い力を必要とすることはありません。

現実のカイロプラクティックの骨盤矯正

骨盤の仙腸関節は筋肉や靱帯で繋がっていますが、靱帯や筋肉の柔らかさの許す範囲でしか骨盤の関節は可動することはできない。

骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをネット、テレビ、雑誌で見ますが、騙されないで。

骨盤にどれだけ力を加えても見た目で分かるほどの変化はしません。

こんな宣伝をする「カイロプラクティック」は、骨盤の上に乗るなど大きな力を加えて施術します。

凄く強い力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと思う人達もいますが、見た目で分かるほど動いた場合は骨盤の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限界を超えてしまう為、靱帯や筋肉を壊してしまいます。

治療前後で変化したと感じる人もいるようですが、勘違いのようなもので変わったような気になっているだけです。

骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ「骨盤」が見た目で変化が分かるほど動いていることはありえません。

逆に見た目で動きが分かるほど「骨盤」が動いたのであれば、仙腸関節の靱帯や筋肉は傷めているわけであり、関節の痛みが発生するはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?

例外として骨盤が、通常以上に可動することがある。

それは出産時です。

出産する時は、ホルモンによって骨盤の関節が緩み骨盤が開くように可動しやすくなる。

出産時には恥骨間が2㎝くらい広がりますが出産時以外では骨盤の仙腸関節はこのような柔軟性は無いのです。

出産時でもそんなに大きく可動しない骨盤が、外見で分かるほど矯正で大きく可動することはありえません。

歯列矯正のように数年にわたって常に力を加え続けるようなベルトなど使えば徐々にですが矯正していく事はできるでしょうが実際には無理だと思います。

骨盤を矯正しよう!

「カイロプラクティック」で行われている骨盤矯正は体形を変化させるものでなく肉体をバランスのとれた理想の状態に整えることが目的なんです。

骨盤の仙腸関節は、ちょっとのズレでも痛みを発症することもあるし、骨盤のわずかな歪みを身体全体を歪ませ健康に大きな影響を与えます。

骨盤を修正して体をバランスがとれたいい状態に保つことで、健康を保ち凝りや痛みを解消します。

もしも骨盤が歪んでいるとおもうのであれば「骨盤矯正」を受けてみるのもいいとおもいます。

骨盤は身体の土台です。

骨盤が傾けば脊椎が傾きます。

健康な体は正しい姿勢かた¥ら!「カイロプラクティック」の治療法はとても効果的な手助けになる。

浜松市東区、骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。