肩こり、整体院

ブログ

妙厳寺(豊川稲荷)にいってきた(*^-^*)

豊川市にある曹洞宗の寺院です(^^♪
稲荷というと神社っておもいますよね
じつは豊川稲荷は神社ではなくて寺なんです(^^)/
正式には「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院みたいです(*^^)v
とっても大きな寺院で、初詣の時期は沢山の人でにぎわいます(#^.^#)
豊川稲荷は狐信仰しているように思うかもしれませんが、信仰の対象は「吒枳尼天」という名前の神様らしいです(^O^)/切り火をしてくれた方の話では吒枳尼天が「狐」に乗って現れたことから狐も祭っているなんてこと言ってました。

1-003●●●●●●●●●●

円福山 豊川閣 妙厳寺(豊川稲荷)の見どころは!

お賽銭を投げて帰ってくるだけではもったいない!(^^)!
奥の方も散策してきましょう(*^-^*)
お賽銭を投げる建物の右を奥の方に行くと、毘沙門天とか大黒天とか祭ってる祠(ほこら)が並んでいます。

さらに奥に行くと狐塚の案内がありますので狐塚を見てきましょう(#^.^#)
霊狐塚(れいこづか)と言うらしいのですが、石で作られた狐がいっぱい並んでいて、ちょっとだけ怖い感じもしますが他の所にはなかなかないようなので見ておきましょう(^O^)

「切り火」もしてこよう!

霊狐塚(れいこづか)の入り口付近にある建物で切り火をしてもらえます(#^.^#)
「切り火」とは、時代劇とかで見たことある方たちも多いと思いますが、家から出掛ける時に火打石でカチカチして火花を飛ばしているやつです(^O^)
あんまり知りませんが、お清めの儀式らしいです!(^^)!
沢山の人が「切り火」の案内に気づかずスルーしている感じがします(僕も人から教えてもらうまでは気が付かずにスルーしてた(^-^;)!
祠の賽銭箱や扉の所に案内が貼ってあるので注意して見ていると気が付くと思います!(^^)!「切り火」をしてもらう料金はお気持ちってことみたいですが、お金を置く台に千円が置いてあるので千円が相場なのかもと思って毎回1000円置いてきます(^^;)切り火は、テレビで見るようにカチカチという感じではなく、シャッ!シャッ!って感じで結構火花が飛びます(#^^#)一番最後に財布をあげて財布の中にも「切り火」をしてくれたりするので、なんか金運がやってきそうな気分にさせてくれます(#^.^#)

切り火の後は「狐」を触ろう(*^^)v

「切り火」やっている祠に入ると前の方に二匹の木でできた「狐」があります!この「狐」、時代劇で有名な大岡越前が納めた「狐」らしいです(^_^)ぜひ触ってきてみてください(*^^)vちなみに切り火をする火打石は門前の商店街の仏壇仏具のお店で購入できます(^_-)-☆家でもシャッ!シャッ!って火花を飛ばしてお清めするのもいいかもしれません!(^^)!
ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。