整体院

ブログ

中村家住宅(なかむらけじゅうたく)に行ってきました

浜松市の雄踏町に日本の重要文化財に指定されている中村家住宅(重要文化財)建てられています(^O^)/
中村家は、鎌倉から続く名門で文明15年(1483)に、この場所に屋敷を造ったとのことです(^_^)/徳川家康(とくがわいえやす)の次男於義丸(後の結城秀康)が産まれた所のようです(^^)/
昭和48年重要文化財に指定され平成13年から15年間かけて解体復元工事を実施して、江戸時代前半の貞享(じょうきょう)5年(1688)頃の建物として建て直したとのことです(^_-)-☆
1-005●●●●●●●●●●

「かやぶき屋根に鬼瓦」(^_-)-☆

かやぶき屋根に鬼瓦の屋根が特徴的でおなじように「かやぶき屋根に鬼瓦」の重要文化財は3ヵ所しかないということです(^○^)建物に入ると、太い木の梁(はり)が上手に組み合わされて見ごたえがあります(*^▽^*)曲がった木を絶妙に使用して建てたことにすごく関心します(#^.^#)
行く所が無いという方は、一回くらい気が向いた時に来てみましょう(^○^)何か新しい発見や体験ができるかもしれません(^_^)ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。